自動売買の情報こそ「FXジャーミア」!

FXジャーミア

FX自動売買におけるさまざまな情報を解説するのが「FXジャーミア」。ミラートレーダーなどの選択型の自動売買(システムトレード)を中心に、投資で勝つためのコツや攻略法、考え方に関する記事を上げる。

 


自動売買の口座開設特集~評価&レビュー

セントラル短資FX「セントラルミラートレーダー」

 

Tradencyのミラートレーダーを採用。スプレッドが小さいのが特徴。ヘッジファンドストラテジーという独特のプログラムも人気。自動売買ではないが、ウルトラFXも人気。

 

インヴァスト証券「シストレ24」

 

ミラートレーダーを取引プラットフォームとする自動売買の口座であり、ストラテジーの種類数が豊富。支援ツールをはじめとする機能が満載。

 


トレイダーズ証券「みんなのシストレ」

最低1,000通貨から取引ができるFXの自動売買ツール。少ない資金力でも挑戦できることで良い評価を獲得している。

アイネット証券「シストレi-NET」

ループイフダンで有名な会社である。コツコツと一定の値幅ごとに取引を繰り返される仕組みが人気。スプレッドも小さい。しかも最低1,000通貨から可能。

M2J「トラリピ」

一定の値幅ごとに売買を繰り返すタイプのFX自動売買ツール。自由に値幅の数値を設定できる。トレール機能などもあり、自由度が高い。

ひまわり証券【ひまわりFX】

ひまわり証券「エコトレFX」

ストラテジー型のFXの自動売買。ミラートレーダー各社に対抗。仕組みは非常によく似ている。ポートフォリオジェネレーターという機能が人気。

インヴァスト証券「トライオートFX」

自動売買と裁量取引の中間のようなツール。取引そのものは自動で、戦略は自分の判断でロジックを立てられる。ETFを投資対象とすることも可能。

ミラートレーダーなどの自動売買と選択型シストレ

≫【2016年最新版】FXの自動売買が使えるネット証券7社の比較!!

 

ミラートレーダーなどの「選択型シストレ」というFX自動売買で勝つための手法や方法は存在するのか。

 

大損して負ける原因や勝てない理由とは何なのか。収益を得るためのおすすめの業者はどこか。ミラートレーダーは果たして勝てる仕組みなのか、詳しく検証する。

 


また、選択型シストレの自動売買ができる業者、証券会社をスプレッドやストラテジー数といった項目ごとに比較し、おすすめな業者を上げたりランキング化したりする。戦略ロジックのプログラムのみならず、自分に合ったFX会社・証券会社を選ぶことも勝てる方法の1つであろう。

 

自動売買の比較!何が違う?

Tradencyの自動売買の5社の比較

ミラートレーダーの業者BEST5の比較

 

 ミラートレーダーの業者の中でも、特におすすめの5つの会社を比較する。どんな根拠から人気が高く、評判となっているのかを詳しく説明する。

 

日本国内の自動売買の比較

国産システムトレードの比較

 

 各FX会社が独自に開発した自動売買で、国産システムトレードといえる自動FXソフトの評判についての解説と比較をする。

 

自動売買の評価とレビュー

自動売買の評価&レビュー

 

 各業者の自動売買システムの評価を行い、その根拠となる理由に加えて、レビューを載せている。それぞれどんな特徴を持っているのだろうか。Tradencyのミラートレーダーから、自社開発のシストレ・ツールまで評価する。

 

絶対に読むべき記事TOP3

 

  1. ミラートレーダーで失敗する3つの理由とは?

     

    どうして、多くの人はミラートレーダーで勝てずに負けて失敗するのだろうか。失敗する原因として挙げられるのは3通り存在する。なぜ、多数派である人々が勝ち組のように成功を収めることができないのかを解説する。

     

  2. 選択型システムトレードで勝つ方法

     

    選択型システムトレードには、ミラートレーダーやループイフダンなどの選ぶだけで自動売買ができるソフトの分野を指す。ここでは、どうすれば「選択型シストレ」で利益を稼ぐことができるのかについて、勝てる手法に至る考え方をシリーズで述べていく。

     

  3. システムトレードで勝てる実践手法とは?

     

    「シストレ実践手法」(シリーズ)では、自動売買において、どうすれば収益が出る可能性が高まるのかについて、参考となる具体的な手法を取り上げる。もちろん、リスクはゼロではない。しかし、実践に移すことができれば、少なからず勝てない状況が長く続くことはなくなる。

 

みんなが読む!? 人気のブログ記事!

「FXジャーミア」の人気のブログについて。
  • シストレ24の売買タイプの組み合わせ方

     シストレ24の自動売買「ミラートレーダー」では、ストラテジーを複数選んで、それらを同時に稼働させることがリスクを分散させるためには非常に重要である。しかし、ただ2つ以上の複数のものを選ぶだけでは、リスクを分散させる効果はあまり期待できない。異なる売買タイプのストラテジーを組み合わせることが求められるのである。では、どんな点で異なるタイプのものを選べばよいのだろうか。

    ≫続きを読む 

     

  • 損小利大・コツコツのストラテジーは良いのか

     ミラートレーダー、特に「シストレ24」(インヴァスト証券の自動売買)ではおすすめのストラテジーとして選ぶべきものとして、「損小利大」と「コツコツ」の両方のステータスを持っているストラテジーを選ぶのが良いと言われている。この売買タイプのものを使うことにはどういったメリットがあるのか。そして、「損小利大」と「コツコツ」の両方の特徴を持つストラテジーさえ選べば、本当に勝てるのだろうか。

    ≫続きを読む

     

  • 「金の卵」ストラテジーも欠点はある

     「金の卵」とは、ミラートレーダーを採用するインヴァスト証券のシストレ24において、高い実績を誇るストラテジーを表すステータスである。さまざまなストラテジーが用意されている中でも特に高い実績を長期間にわたって上げ続けて生きているストラテジーに与えられるのが、この「金の卵」である。

    ≫続きを読む

     

  • ミラートレーダーの運用成績が悪い時はどうする?

     ミラートレーダーなどの自動売買において、運用成績が悪いという状況とは、損失が多発してマイナスの損益結果になっているようなときであろう。つまり、そういう勝てない場合に、ユーザーが行える手段としては唯一、「ストラテジーを止める」ことしかない。稼働を停止させて、以後は損失が出ないようにすることしか、打てる手はない。

    ≫続きを読む

     

  • 自動売買でずっとうまく稼ぐのは不可能って本当?

     最近、多くのFX会社で自動売買を導入するところが相次いでいる。それに伴って、ますます多くの人がシステムトレードに挑戦するようになっていて、今までは手動で取引していたのをやめて、完全に自動売買に専念することにする例も増えている。


    ≫続きを読む

     

ミラートレーダーとは何だ?

 

ミラートレーダーは選ぶタイプの自動売買の代表

 選択型シストレの代表格といえる「ミラートレーダー」とは、イスラエルの自動売買ソフトを作成しているTradencyという企業のソフトである。利用者がストラテジーという売買ルールを選ぶだけでシステムトレードに挑戦できる点が、このソフトの最大の特徴である。

 

 Tradencyのミラートレーダーでは、特に難しいコンピューターの知識が不要であることや、FXに特化した自動売買となっているわけで、日本国内で人気が高い傾向にある。日本では、あまりコンピューターの知識を知るふつうの人が少ないという社会的な要因もあって、簡単に挑めるミラートレーダーが高い評価を得ている理由の1つとなっている。


 最近では、ミラートレーダーに似た自動売買のツールも、さまざまな業者で多くみられる。たとえば、「エコトレFX」や「シストレI-NET」といったツールが類似システムの例であろう。逆に言えば、似たようなソフトが複数登場するほど、ミラートレーダーは人気なのである。

 

「稼げない」悩みを克服!

 

自動売買で負ける人の5つの共通点とは? 何が悪い?

 

どんな人が収益よりも損失の方が多くなってしまい、負ける結果になるのか。FXの自動売買の「負け組」ならではの共通点として5つの事例を上げる。

 

自動売買でも勝てない7つの心理!

 

FX自動売買であっても、お金が稼げない人にある心理的な問題とは何か。問題の原因である7つの心構えや考え方について解説する。

 

ストラテジーを止める基準とは?

 

ミラートレーダーなどの「選択型シストレ」で、ストラテジーを飛べなければならない基準について。どんなタイミングが適切なのか。参考例。

 

ミラートレーダーで勝てない理由! 3つの原因とは?

 

大人気の「ミラートレーダー」で勝てないのには理由がある。収益力に劣り、自動売買なのに儲からないようにある原因に迫る。

 

FXで本当に負けている人!何してもダメ?


FXでどんなに対策を練っても、本当に負けている場合、どんな対処策を行えばよいのか。どんなに手法を実行してもやってもダメなのか。


自動売買でのリスク管理の方法!負けない戦略とは?

 

どんなリスク管理を行えば、選択型シストレで収益性をできるだけ最大化することができるのか。3つの不可欠な戦略を述べる。参考例。