自動売買は損切りされるからこそ勝てる!!

 自動売買は、ストラテジーに基づいて損切りのストップロスオーダーが自動的に発注される仕組みになっている。そのため、含み損が発生したとしても、損切りされることなくどこまでも損が拡大していくことはない。


 裁量トレードだと、どうしても自分自身で直接ストップロスオーダーを入れなければならない。ただ、損切りしたくない身分になって、ストップを入れずに、損失を拡大させしてしまう場面も存在する。これが、負ける原因の1つになってしまうのだ。


 この点から、自動売買であれば、損を許容できるリスクの範囲を超えて大きくすることがない。シストレということで、絶対にロジック通りにトレードしてくれる。したがって、戦略に沿った優位性を常に保てるのが、自動化されたトレードなのである。


常に1つの戦略でトレードされる

 

 自動売買を利用すれば、自分が行っているFX取引が常に1つの戦略に沿って行われることになる。つまり、勝てる可能性も変化することなく、一定のままであり続ける。過去の損益成績から、ストラテジーの期待値を把握し、その期待値が維持されるのである。

 

 自分のトレードでやった場合、トレードのやり方を変えてしまえば、今までの戦略による期待値の根拠は消えることになる。今後の成績の見通しも不透明なものとなり、勝てる可能性も高いとは言えないだろう。

 

 また、損切りのストップロスオーダーを入れることを怠れば、リスク管理の不十分な点によって、負けたときのダメージが大きくなる確率も否定できない。それだけ、これからの損益成績が不透明なものになりかねないだろう。

 

 その点、自動売買であれば、利用するストラテジーそのものを変えない限りは、今後の見通しが大体は把握できる。したがって、勝てる期待値が大きいストラテジーを選べば、今後利益が伸びる確率が大きくなることが明確になるというわけである。

 

自動売買だからこそ勝てる可能性UP

 

 自動売買であれば、戦略を完全に100%守ったトレードを実現できる。売買の手法が常に維持されるからこそ、収益力となる期待値を一定に保てる。

 

 良いストラテジーを選ぶことさえできれば、勝てる可能性が高い状態を維持できる。そして、可能性を一定に維持することによって、負ける根拠が減って、勝てる道を作り出せるのである。


 裁量トレードに挑戦して、上手く損切りを実行に移すことができなく、しかも成績もあまり良くない状態に陥っているのであれば、まずはリスク管理を着実に行ってくれる自動売買を始めてみてはいかがだろうか。