自動売買は簡単か?

 自動売買では簡単に勝つことができるのかについて議論する。ミラートレーダーなどの自動売買システムを使ったトレードは、本当に簡単なのか? 自動売買システムを使えば、収益を出すことも「簡単」なのか? 自動売買は簡単なのか難しいのかは大きな疑問点である。

 

 システムトレード、特にミラートレーダーなどのストラテジー選択型の自動売買システムを使えば、簡単に利益を得て、FXで勝てると思い込んでいる人は多いことであろう。もし、こういった自動売買を使ったトレードを行えば、誰でも簡単に利益を得ることができて、「勝てる」のであるとすれば、裁量トレードを行っている人は全員自動売買に切り替えるはずだ。しかし、現実にはそうではない。したがって、自動売買で利益を上げることは、そう簡単ではないという事実は予測できるであろう。

セールスポイントの罠

 

 ミラートレーダーなど、ブローカーが提供する売買ストラテジーを選択するだけのタイプでは、プログラミングの知識を必要とはせず、無料でほかのプロのトレーダーが作った売買ストラテジーを使用することができる。選択型の自動売買では、この簡単さがセールスポイントとなっているのだ。

 

 ミラートレーダーなどの自動売買システムを取り扱う業者の多くはまた、売買を行うのはストラテジーが行い、かつ取引も自動で行われるために、ファンダメンタルズやテクニカルの分析といった、相場を分析して売買のタイミングを計ることが不要であるという。相場に関する知識がなくてもFXトレードが簡単にできるため、全くの初心者でも何の苦労もなくできる、という内容が業者の広告では強くアピールされているのである。

 

 こうしたセールスポイントを聞けば、自動売買に一度も挑戦したことがない人であれば、多くが次のように思うであろう。

自動売買はラクして勝てるシステムなのかもしれない。

 

勝つことは簡単ではない

 

 確かに、ストラテジーを選んで、それを稼働させることまでは初心者にでもできることであり、誰にでもできる簡単なことである。しかし、自動売買で収益実績を作り、「勝つ」ことは決して簡単なことではない。事実、本当に勝てている自動売買を用いたトレーダーはほんの一部の人にしか過ぎない。

 

 自動売買において、利益を上げて勝つためには、自動売買での「勝てる方法」を身つけなければならない。本当に勝つトレーダーになるのポイントは、いかに「勝てる方法」を習得できるかという点である。したがって、勝てているトレーダーとは、どうして勝てるのかを考えることが大切なのであり、自動売買を行っているから自然に勝てると思ってはいけないのだ。

 

 また、自動売買でもリスクが存在しないわけではない。売買を判断する点についてだけは自動であるが、勝つ・負けるような状況を整えるのは利用者本人であるのだ。自動だからといって、損失がまったく、あるいはほとんど出ない仕組みになっていると勘違いする利用者は少なくないようだが、このような仕組みなどはなく、こう思い込むことは大きな間違いである。

 

 さらに、自動売買を使ったことによって裁量トレードよりも大きく負けてしまい、再び手動売買の世界へと戻る人も多い。それだけ、自動売買も難しいのであり、自動売買のメリットだけに焦点を当ててはいけないのである。

 

結論

 

自動売買は難しい

 

 自動売買において、勝つための重要なことは、自動売買というシステムを上手く使いこなす技を身に着けなければならない。自動売買で取るべき手法はどのようなものでも構わないが、しっかりと自分に見合った手法を構築しなければならない。もし、手法を作らないのであれば、自動売買であっても勝てない状態が続くことであろう。

 

 業者の広告で強調させているセールスポイントだけに目を向け、「楽に儲ける」ことだけに焦点を当ててしまうことは、勝てない道を進むことを意味するのである。たとえ、ミラートレーダーなどのストラテジー選択型システムトレードではあっても、資産を増やすためにはトレード手法を作り、それを守る規律を持たなければならない。何度も言うが、自動化されたシステムを使っても、本当に「勝つ」ことは簡単なことではないのである。