選択型システムトレードでできる5つのこと

 選択型システムトレードでできることとして、5つの特徴が挙げられる。どんなことが選ぶタイプの自動売買では可能なのかを説明する。


 選択型システムトレードはここ最近になって急速に人気が高まっている自動売買の種類である。選ぶだけで自動売買でFX取引ができるという、簡単なしくみであることで、初心者や高度なプログラミングの知識や技術を持たない人合っても用意に参入できる点で、人気が出ている。


 この選ぶタイプの自動売買のニーズに応えるように、さまざまなFX会社が選択型システムトレードを新たに取り入れ始めている。これらのツールを利用することには数多くのメリットがある。そして、どういった内容がメリットであるのかを踏まえて、「選択型システムトレードできる5つのこと」として解説していく。

 

5つのメリットとは何だろうか?

 

  1. 本格的に出来上がった手法が使える
  2. 1日中取引が行われる
  3. リスクの分散
  4. 低コスト・初期費用なし
  5. 取引結果をグラフ化


 「選択型シストレ」ならではの特有のメリットとしては、上記の5点であろう。誰でも簡単に自動売買に参加でき、かつ低コストであるのが利点である。こうした特徴から、初心者であってもサンユウ障壁が低い。


1.本格的に出来上がった手法が使える

 

 選択型システムトレードでできることの最大のポイントは、本格的に既に出来上がった手法が使える点であろう。ユーザーがやるべきことは売買システムを選ぶだけであるため、最初から完成しているプログラムを選ぶだけであり、とても簡単で手間をかけることなく、自動売買を行えるのがメリットであろう。

 

2.1日中取引が行われる

 

 自動売買のシステムすべてに当てはまる特徴ではあるが、2つ目のメリットは1日中取引が行われる点であろう。手動で売買を行う裁量取引の場合、1日中相場を張るタイミングや手じまうべき地点を探すわけにはいかない。したがって、前もって指値、逆指値注文を入れておくか、こまめにチャートを見るしか方法はない。


 一方の自動売買であれば、売買システムのプログラムが売買そのものを行ってくれるため、実際にトレード活動に携わる時間は、自動売買の取引結果を見ることと、売買プログラムを選ぶときなどだけである。

 

3.リスクの分散

 

 選択型システムトレードには、どんなシステムであろうと、少なからずさまざまなプログラムが用意されている。そして、その中からユーザーは複数のものを同時に選ぶことができる。


 したがって、1つのものに資金を集中させる必要はなく、複数に資金を分けてリスクを分散できる。リスクを分散すれば、一度に大きな損失を受ける可能性を和らげることができ、リスク管理の方法の1つを実行できるのだ。

 

4.低コスト・初期費用なし

 

 選択型システムトレードでは、他の自動売買ソフトとは違って、ソフトを買う必要もなければ、VPSサービスを別に用意する必要も全くない。なぜなら、オンライン上で自動売買が継続させる仕組みになっているからである。


 また、プログラムを買う必要もなければ、利用料といった料金もかからない。取引コストとして存在するのは、スプレッドと手数料(一部の業者)だけである。この点で、MT4やAPIトレーディングとは大きく違う。

 

5.取引結果をグラフ化

 

 選択型システムトレードでは、取引結果についてもまた、オンライン上に表示される。すべての業者では取引結果を分析するためのツールとして、損益グラフや収益率といったグラフやデータを表示させるためのツールを用意しているため、ユーザーは自分でデータを作る必要がない。


 したがって、自動売買による結果や運用成績を分析して、今後の戦略を考える際にも便利な機能となっているのだ。