これで解決! 資産運用で感情に左右される人へ

資産運用には、株式投資や投資信託、あるいはFXをはじめとする為替取引が挙げられる。これらの金融商品を売買することで、自分の財産をさらに増やすことができる。

 

しかし、資産がなかなか増えないことに悩んでいる人は決して少数派ではない。取引のチャンスを逃したり、銘柄や注文を出す時期をいい加減に決めたりするなどして、資産運用で勝てない結果になってしまうことはよくある。

 

これらはすべて、感情に左右されることが理由である。やり方の面では正しい方法を採ろうとしていても、実際には心理的な要因によって誤った行動を取ってしまうことが原因で、資産運用で失敗するのだ。

 

手法が悪いことが理由で利益が上がらないという事例もあることにはある。しかし、感情に左右されるために収益力に欠陥が出る例が圧倒的に多いのではないだろうか。

 

株取引やFXなどの解説書を読んでマーケットの分析方法などを勉強しても勝てないのであれば、解決策としては、自分の感情のマイナスの部分を克服するしかない。

 

感情が自分の投資手法に影響を与えないように常に意識するか、もしくは、環状が物理的に入らないような手段を講じることが求められる。

 

どう克服する?

 

裁量による投資活動にこだわるのであれば、銘柄を選んだり取引注文を出す際に、何も考えずにただ事前に考えていた投資手法のみに従って取引することが解決策となる。

 

機械的に資産運用に取り組んでいくことを意識すれば、余計な負の感情が乱入するのを少なからず防げるだろう。

 

初めは多少実行に移すのが難しいかもしれない。心理的につらい行動となるのはやむを得ない。しかし、慣れれば決して負担とは感じなくなる。一度、この方針で資産運用に手を出してみてはいかがだろうか。

 

とはいえ、中にはどうしても負の感情に左右されるのが避けられないという人も出てくる。機械的に行動するのに慣れるまでの期間すら我慢できないという例もある。

 

そんな人にはストラテジーというロボットを使った自動売買(システムトレード)を用いて資産運用に取り組むのがおすすめだ。

 

取引の対象はほとんどFXが中心であるため、株取引などには使えないが、取引の判断自体はコンピュータープログラムが自動で行ってくれる。つまり、自分の感情からまったく影響を受けない投資活動が実現できるわけである。

 

人間がやることといえばプログラムを作成する、もしくは選ぶだけである。特に「ミラートレーダー」などの選択型のFXシステムトレードであれば、好きなプログラムをクリックするだけで自動売買ができる。

 

資産運用において自分の悪い感情に左右されてしまうことが原因で勝てない状態となっている人にとっては最終的な解決策となるだろう。

関連記事~今すぐチェック