資産運用を自動化すれば「儲かる」って真実?

金融商品の売買を繰り換すを資産運用を自動化・システム化してプログラム通りの投資ができるようになれば、利益は確実に儲かるという意見が確かに存在する。


特に外国為替取引のシグナル化されたツールを用いるのは簡単であり、初心者でも容易に収益を稼ぐことができるという話は後を絶たない。


だが、こうした自動化された資産運用を行いさえすれば、本当に利益は思いのまま自然に伸びていくのだろうか。答えはNOであろう。どんなにハイテクな資産運用の手段を講じたとしても儲かる可能性が100%になることはまずない。


もし、「絶対に100%儲かる」といったキャッチフレーズのある資産運用の手段を見たとすれば、それは詐欺であることは確実であるといえる。どんなに素晴らしいプログラムでも、どこかのタイミングで損するのが運命であるといっても過言ではない。

メリットはゼロなのか?

 

必ずといっていいほど損するということを耳にすると、資産運用を自動化するメリットはまったくないように思うかもしれない。しかし、この意見もまた間違いである。プログラムをシステム化する長所は存在する。

 

損する場合があったとしても、利益を稼ぐ可能性もまた存在する。そして、利益を獲得する可能性が、損して市場の中へと元手資金が消える可能性が大きければ、損益の期待値はプラスになる。期待値がプラスということは、利益が得られる確率が高いということだ。

 

資産運用においては、このように期待値の大きさが重要なのである。自動取引用のプログラムを作ったり、買ったりする際には、過去の相場とシグナルを照らし合わせて、利益が伸び続けるような損益曲線のグラフを描くようなものだけを利用することが求められる。

 

収益が手にできる期待値が大きいような環境を実現することができれば、資産運用を自動化するメリットは十分に存在するといえるだろう。

 

特有の長所もある!

 

また、自動取引ならではの長所として、時間に拘束されずに24時間連続してシグナルを稼働し続けられるという点が挙げられる。手動で相場を張る場合は、タイミングをずっと見ていなければならない。

 

一方の自動化した投資手法であれば、そのようなことをする必要はない。投資家自身が寝ている場合でも、シグナルが判断するタイミングになったら即発注してくれる。

 

より効率的に市場の絶好のポイントを探すことができるしくみになっているのが自動取引であるといえるだろう。だからこそ、金融商品の売買による資産運用を自動化することはおすすめできるのである。