FX自動売買、一番儲かる通貨ペアはどれだ?

数あるFX業者では複数の通貨ペアを取り扱っていて、自動売買(システムトレード)に関してもその例外ではない。最低でも10通貨ペアくらいは用意しているところが全体の9割を超え、20~30組の種類を取り扱っている会社も中にはある。

 

もしあなたがFX投資家であるのであれば、どの通貨ペアが一番儲かる可能性が高いのかという疑問が思い浮かぶだろう。自動売買では、どんな組み合わせのものがより収益が得やすいのか。そんな問いに、今回は答えたい。

やっぱり、主要通貨がベスト!

 

FXに関する解説書の多くでは、特に大きな理由がない限りは主要な国・地域の通貨ペアを用いるのが好ましいと書いている。主要な国や地域とは、日本に加えて、アメリカ、EU、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドを指す場合が多い。

 

つまり、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドルと日本円を加えたものを組み合わせた通貨ペアを用いてFXの自動売買に臨むのが良いというわけである。

 

逆に、主要ではないマイナー通貨とは、南アフリカランド、中国人民元、トルコリラ、香港ドル、シンガポールドルなどを指す。これらを組み合わせたものは避けた方が良い。

 

主要な国の通貨であれば、取引数量が多いことにより、流動性が高い。したがって、値動きも比較的緩やかであって、急に価格が飛ぶことも少ない。この特徴により、損益曲線も安定したものになりやすい。

 

また、取り扱われているストラテジーの種類もかなり多い。選択肢が増えれば、それだけ利用者はより優秀なストラテジーを見つけ出せる可能性が高まる。収益の機会も増えることになるというわけだ。

 

収益ランキングの一覧の上位に来るストラテジーも、ドルやユーロなどを組み合わせた通貨ペアを用いたプログラムであることが多いのも、これらが理由であろう。

 

流動性が高くて成績が安定しやすく、選べるストラテジーの種類も多いということによって利益が得られる機会が多いということから、FXの自動売買では主要な通貨ペアを取引対象とするのがおすすめなのだ。

 

あとはストラテジーの成績で!

 

ただし、同じ通貨ペアを取引対象としていても、各ストラテジーによって運用成績は違ってくることがほとんどだ。

 

例えば、米ドル/日本円を取引していても、Aというストラテジーでは利益を出しているが、Bというストラテジーでは損失を発生させているという現象が起こることもあり得る。

 

こうした現象が起こる原因としては、ストラテジーのロジックによって売買のタイミングが異なる点が挙げられる。新規注文・決済注文を出す時期に違いがあり、売買の方向も違ってくることから、損益結果は異なるものになるのである。

 

したがって、FXの自動売買においては、取引対象となる通貨ペアというよりはストラテジーの種類こそが、収益性に大きな影響を与えるといっても過言ではない。

 

そして、優秀なストラテジーを厳選する技術こそ、一番儲かる方法を確立する手段となるのではないだろうか。

関連記事~今すぐチェック

FXの自動売買のネット証券7社を比較!!
自動売買で稼いで「億万長者」になることができるのか。
選択型シストレの1番良いストラテジー!?
選択型シストレで最良のストラテジーは存在するのか。
ミラートレーダーで勝てない理由! 3つの原因とは?
ミラートレーダーで勝てない理由とは、どんなものか。
自動売買で億万長者になれるか?
自動売買で稼いで「億万長者」になることができるのか。
FX自動売買で稼ぐ人の5つの法則!
FXの自動売買で稼げるような人に共通する5つの法則について。

こちらもチェック!