シストレ業者によって特徴や性質は異なる

 FXの自動売買(システムトレード)の特徴や性質は、各FXシストレ業者によってまったく異なる。


 取引にかかるコストはもちろんのこと、自動売買のやり方や、売買システムの性能や性質はプロバイダーによってさまざまであり、ストラテジーというプログラムを選ぶだけで自動売買をできるところもあれば、ソフトをダウンロードして自分でプログラムを組んで自動売買を行う業者も存在する。


 あるいは、いくつかの項目の中から好きな項目を選んで取引する「半自動売買」のようなしくみになっているところもある。

 

 今日、FX業界においては、シストレ業者としていくつものプロバイダーが存在する。しかし、自動売買に挑戦するにあたっては、どんな自動売買(システムトレード)に挑戦したいのかを決め、それができる会社を業者を登らなければならない。

 

シストレを紹介する情報はたくさんあるが…

 

 日本では欧米との時差の関係から、特に外国為替取引であるFXはとても人気の高い資産運用の手段となっている。その中で、近年はIT技術の発達によって、取引を自動化した自動売買、あるいはシステムトレードが一般的なトレーダーにも普及し、人気を集めている。

 

 「ダイヤモンドzai」などの投資に関する内容を取り扱う雑誌でも自動売買についての内容が掲載されることが多くなり、「シストレ」という言葉でさまざまな情報が載っている。

 

 しかし、シストレという根本的な概念は同じであっても、その中身に関しては種類が幅広い。各シストレによっても向いている取引スタイルは違う。短期売買を繰り返すスタイルのものもあれば、1回ごとに手法を決めるものもある。つまり、シストレを取り扱っているFX業者だからといって、スプレッド幅や評判、人々の評価だけで業者を選ぶのは適さない。

 

 したがって、シストレ業者を選ぶ際には、自分が目指しているシストレの具体的な特徴や性質をしっかりと認識したうえで、その自動売買ツールを取り扱っているFX業者を選ばなければならないのだ。