カスタマイズ自由度が高い自動売買とは?

 FXの自動売買の中でも、自由度は各種類によって異なる。利用者が好きなようにカスタマイズできるシステムトレードもあれば、ただ供給者がデフォルトで用意しているような設定でしか使えないものも存在する。


 自由度が大きい自動売買とは利用者自身が自分でテクニカル指標を設定したり、時間足を指定できるようなシステムトレードを指す。たとえ、誰かが作ったストラテジーをベーズにしたロジックを選ぶような種類であっても、自由に自分でカスタマイズして、個性を表に出せるような自動売買こそが、「自由度」のあるものだといえる。


自由度の比較

 

MT4(メタトレーダー)


 MT4は、自分のパソコンにソフトをインストールして使う自動売買であり、EAというストラテジーを自分で1から自作することができることはもちろん、第三者が作ったものを手に入れて、それをさらに自分の好みにカスタマイズすることも可能である。

 

MT4で再現できないような自動売買はおそらく存在しないだろう。自分が好きなような自由なシステムトレードを行うことができるのが最大の特徴であり、自由度の面では最高ランクであろう。

 

ちょいトレFX

 

 ちょいトレFXは「FXプライム」社の自動売買ツールである。特徴としては、あらかじめ用意されているプログラムを選ぶことができる一方で、自分でテクニカル指標を指定して、独自の戦略をつくることもできる仕組みになっている。もちろん、業者側のストラテジーをカスタマイズして使うことも可能である。したがって、自由度は高い。

 

 テクニカル指標を指定するのにも、利用者はただ各項目ごとに選ぶたい指標をクリックして、数値を設定するだけであるため、MT4のように高度なコンピューターの知識を必要としない点がメリットであろう。選ぶタイプと自作型の中間的な自動売買と定義することができるのではないだろうか。

 

ミラートレーダー

 

 Tradencyのミラートレーダーは、MT4と同じく複数の業者で取り扱われている自動売買である。特徴としては、利用者は選ぶたいストラテジーを選ぶだけでシステムトレードができてしまう点であり、特に自分で設定したりする必要はない。ただし、カスタマイズすることは一切できない。一覧の中からロジックの完成版を選ぶだけしかできず、自由に設定できる項目といえば、追加での利食いと損切りのタイミングと、最大ポジション数の制限くらいである。

 

 「選ぶのみ」というタイプは自動売買の初心者や中級者にとってはとても大きなメリットがある一方で、上級者にとっては、条件を設定するという概念が存在しないミラートレーダーは少し物足りないツールであると感じるかもしれない。

 

コピートレード

 

 コピートレードの代表は「みんなのシストレ」というトレイダーズ証券の自動売買ツールであろう。仕組みとしては、ミラートレーダーと同じく、単に選ぶだけでシステムトレードができる点である。カスタマイズもできない。一方で、異なる点といえば、ミラートレーダーでは完成したロジックを選ぶ仕組みであるのに対して、コピートレードでは「トレードをする人」を選ぶところである。

 

 みんなのシストレのコピートレードのトレーダーとして登録している人を、利用者は選ぶことで、その人と取引行動とまったく同じ取引を行うことができる。選んだ相手が、新規にエントリーすれば、ユーザーも同じタイミングでエントリーする。相手が決済注文を出せば、それに合わせて自分も決済される。もちろん、取引はすべて自動で行われる。誰かもトレードスタイルをマネする性質から、「コピートレード」という名前が付けられているのである。