MT4のEAを無料で使える自動売買

MT4のEAとは、売買プログラムが書かれたストラテジーのことを指す。通常はMT4のソフトを使って起動するプログラムであるが、メタトレーダーだけではなく、ミラートレーダーのストラテジーとしても利用されることが多い。


誰かが作ったEAがミラートレーダーの開発会社であるTradencyに出品され、そこでの審査を通過して採用されれば、そのEAはミラートレーダーのストラテジーの1つとして、ユーザーから利用されるようになる。

 

MT4とは違って選ぶタイプの自動売買であるため、EAを独自に直接ミラートレーダーで稼働させることはできないが、誰かが作ったEAの一部を使うことができる自動売買として、ぜひ使いたいシステムトレードであろう。


ミラートレーダーの利用料は無料であり、発生する取引コストは「スプレッド」の大きさだけであるため、Tradencyの自動売買を使えば、MT4のEAは無料で使えるというわけなのである。


特にシストレ24は豊富

 

インヴァスト証券のミラートレーダーの名称である「シストレ24」では、さらなるMT4のEAから生まれたストラテジーの種類をより多く利用することができる。Tradencyのプログラム以外にも、Fx-onのゴゴジャンやテラスといったプロバイダーから提供されているストラテジーも用意されている。

 

これらの会社のプログラムのほとんどはMT4のEA用として作られた場合が多いため、より幅広い種類のプログラムを利用者は使うことができる。そして、インヴァスト証券がどこの業者よりも、そのようなストラテジーの種類が豊富にそろっているところであるのだ。

 

初期費用も無料

 

追加的な手数料はないという点で無料であるとはいえ、もちろん、ミラートレーダーにも取引コストに当たるスプレッドは発生する。ミラートレーダーでは、MT4のスプレッドよりも数値が多い傾向にあるため、取引高が大きい場合にはMT4よりもコストが高くなってしまう結果になることも考えられる。

 

しかし、初期費用についてはMT4と違って、ミラートレーダーではまったくかからない。口座開設するだけで自動売買をスタートすることができ、MT4のように有料のVPSサービスと契約したり、EAをテストする手間がまったくない。また、初心者のように少額の資金でシステムトレードを行うのであれば、逆にミラートレーダーの方が低コストになる。

 

MT4ではEAを買い上げるような感覚である一方で、ミラートレーダーについては「レンタル」するようなイメージを持てば、このような仕組みがわかるだろう。設備投資をすることなく、手軽にEAのような売買プログラムを使える自動売買がTradencyの「ミラートレーダー」なのではないだろうか。