FX自動売買の問題点!何が心配なのか?

FX自動売買で取引することに対して、何らかの心配事を描いてしまうことはあるだろう。どんな問題点が存在し、何が心配するようになる要因となっているのだろうか。


もし、今までに一度にシストレに挑んだことがない人であれば、たとえ投資経験があったとしても、自動売買に関しては信用を持てないと感じてしまうこともあるだろう。そんな中で、今回は心配事として、その内容をランキングにした。


心配する問題点のランキング

 

  1. 本当に儲かるのか
  2. 手数料は高くないか
  3. システムは正常に動くのか
  4. 業者が破産しないか
  5. ギャンブルにはならないのか

 

自動売買に関する心配事として、最も多いのは「本当に儲かるのか」というリスクの面に関する内容のものである。リスクが一定存在する以上は、どうしても避けられない不安ごとと、多くの人が捉えるのだろう。

 

一方、損失リスク以外にも、口座開設先の業者のサービス面に関する不安を抱く例も少なくない。「コストは大きくならないか」、「故障することはないか」といった心配をする人も多い。

 

誰もが心配すること

 

自動売買について、誰もが心配することといえば、「本当に儲かるのか」という疑問であろう。自動化された取引は聞こえはいいが、実際に利益を出してくれるのかを心配する気持ちをもつ人は、限りなく全員に近い。システム上の欠点というよりは、損失を経験することを心配する人が多いのである。

 

このように、自動売買に対して、稼げないリスクに過剰に意識を向けてしまうのが障壁となってしまう例が多い。「儲からないのではないか」という疑問を持ってしまう点が、なかなか自動売買に手を出せない理由となっている。

 

コンピューターによって売買が繰り返される仕組みを利用してFX取引を行って利益を儲ける理想と、損失を被る可能性が存在すると言う現実とが、あまりにもかけ離れすぎていることに失望してしまうのではないかと思ってしまうために、思うように自動売買に挑む決断を下せない原因となっているのだ。

 

もちろん、手数料などのコスト面や、コンピューター・システムの安全性を疑問視する人も存在する。あるいは、自動売買のツールを供給している業者がいつか倒産するのではないかと、会社側に疑問を抱く人もいる。

 

さらには、投資というよりもギャンブルに近いマネーゲームにならないのかと不安に思う人も、一定の数はいる。しかし、誰もが心配することとしては、何よりも「損失」や「敗北」を経験する事態を恐れることだ。

 

こうした、儲からない状況を心配していては、自動売買には永遠に挑戦する気分にはなれないだろう。したがって、もしシステムトレードに興味を持ったのであれば、どうすれば自動売買で利益を儲けることができるのかを調べることが求められる。「自動売買を知る」意識を持ってこそ、そうした不安が徐々に消えるのではないかと、私は考える。