FXは儲かる?勝ち組の人の割合は何%?

外国為替証拠金取引(FX)で儲けている「勝ち組」と呼ばれる人の割合とは、市場に参加している人の何%くらいなのだろうか。こんな素朴な疑問を持つ投資家は多いのではないだろうか。

FXで勝ち組と呼べるほど多きア利益を獲得している成功者は実に少ない。ほとんどの参加者は「損失>利益」となっているか、もしくは±0に近い損益額となっている。つまり、投資時間が増加しても資産残高が増えないのだ。

 

こうした現状から、外国為替市場という相場で富を築くことは大変難しいことであるのだ。それどころか、プラス収支(利益が損失を上回ること)を実現することでさえも大きなスキルが必要であるといえるだろう。

 

もしあなたが今現在、あるいはこれからFX取引を通じて資産運用を行うことを考えているのであれば、こうした負の現実を知ってい置くことも重要である。

儲かっている成功者はたった1%

FXの市場に1年間参加してプラス収支を実現できている人は、市場参加者の3~4割程度である。5割を超えることはない。これでも随分少ない割合であろう。

 

そして、5年連続で「利益>損失」という運用成績を獲得できている人は1%くらいである。ほとんどの場合は、5年間もFX取引を行っていればマイナス収支となってしまう年がある。

 

本当の意味での勝ち組とは、毎年プラス収支をたたき出せるような上級者の人々のことを指す。しかし、このグループに入れるのは100人に1人というわけだ。インタネット経由で気軽に投資できるようになったとはいえ、それが誰でも寛太に儲けられることになったわけではない。

 

FXと聞けば、投資家が市場にエントリーする方向は「買い」と「売り」の2択しか存在しない。どちらかにポジションを持てば収益が得られる可能性が出てくる。それでも、大半は損してしまう。非常に厳しい現実なのが外国為替市場であることは間違いない。

 

あなたは勝ち組にはなれない?

 

99%の市場での参加者が成功者にはなれないという現状から、わずか1%の枠に入るのはとても難しいことである。普通の投資家では無理な話で、勝ち組の仲間にはなれない。

 

本当にFXの世界で上級者となって成功を収めたいという意志を持っているのであれば、それ相当の技術が必要となる。値動きのトレンドをつかむ能力やチャート分析の技術はもちろん不可欠だ。

 

加えて、含み損やマイナス収支となる結果が発生したときの対策法を習得し、それを実行することに慣れるのも必要だ。1%の割合の人の上級者でさえ、個々のトレードでは損する場合が存在する。そうした時に適切な行動を実行に移すことができる人が、真の成功者となれる。

 

さらに、資金管理の戦略も求められる能力だ。持分の元手資金を1つの取引ですべて使い果たすのはあまりのも無謀としか言えない。いくつかの取引に分散させて損益結果を待つのが当たり前の策である。

 

予想が当たらなかった時に大損しないで、少ない損失の金額に抑える技術もまた、勝ち組の1%の割合の人のグループに入るためにはとても重要な要素であるのは間違いない真実だ。

関連記事~今すぐチェック