FXの利回りの平均とは?何%が目安!?

FXにおける利回りとは、平均してだいたい何%くらいなのか。また、収入を築いていくためには、どれくらいの年利が目安が目標となるのか。そんな疑問について、今回は説明する。

 

FXはとてもリスクが大きい投資手段として有名だ。マイナス利回りになってしまう人も多い。9割近くの人々が損しているというのが事実であり、年利についても金利差にさえ届くことなく、最終的にはプラス収支を実現できない場合が多いのが現状だ。

まさかの「マイナス利回り」?

 

多数派のトレーダーがマイナス収支を出してしまうということで、平均すると、FXは「マイナス利回り」であるといえる。また、外国為替通貨は市場での取引での売買差益を狙った投資である点から、誰かが利益を稼げれば、もう一方の誰かが損するという仕組みになっている。

 

FXの市場全体で儲けられた人の金額と損した人の金額の差は0となる。したがって、市場での取引は「ゼロサムゲーム」ということである。数学的に考えれば、期待値は0なのだ。

 

さらに、実際には利用しているブローカーへの手数料コストが発生するため、期待値はその分マイナスということになる。FX取引を通じて、収入を得られる人よりも、損して資産が減る人になる可能性が高いという理論になるということだ。

 

FXはやる価値なし?

 

こうした、期待値の面だけを考えると、FX取引を通じて資産運用に参加するメリットがないように感じるだろう。しかし、実際には、ある明確な原因が存在するために、プラス利回りを出せない状態にある例が多い。知識上に問題がある点に原因があるために、稼げない場合が多いのだ。

 

プラス損益になる確率を高くする手法を使えさえすれば、長期的にプラス利回りをたたき出せるようになれる。統計的に見て、通貨市場の値動きで収入が得られるようなやり方で臨めば、「利益>損失」となる可能性を作り出すことができる。

 

実際、FXで儲けている人のほとんどは、こうして「利益>損失」となる確率が高くなるような手法を用いている。稼げるような方法を持っているからこそ、本当に高い利回りをたたき出せているのだ。

 

まずは年利20%を目指そう!

 

これからFX取引を始めようとしている人、あるいは今までは損し続けてきた人に関しては、まずは年利20%を目標の目安にしてみてはいかがだろうか。

 

これくらいの利回りであれば、資金的に余裕をもって取引に臨んでも、十分に実現できる範囲内である。「損小利大」の原則や手順通りの損切りといったリスク管理をしっかり行えば、むりなく収入を手に入れられる。

 

月単位では、通貨市場の乱高下によって、マイナス収支となる場合もあるだろう。損切りをすれば、それだけ確定損失が増えると疑問を抱くかもしれない。しかし、大切なのは、年単位で合計してプラス収支を実現することに過ぎない。

 

短期的な結果に一喜一憂してはならない。長期的な視点を持って、多くも少なくもない収入を狙う行動によって、無理のない利回りを達成でき、成功者への第一歩を進むことができるのである。