FXに勘や運は必要ない! すべて実力だ!

資産運用の1つの手段であるFX取引において、利益を稼ぐために勘や運は一切必要ない。プラス収支を実現できるかどうかは、すべて投資家自身の実力にかかっている。


初心者の中には、FXで得られる実現損益はすべて運やまぐれによって生み出された結果であって、どんなに経験を積んだところで、上手に収入を得ることは不可能だと考える人が一定の数存在する。


しかし、上級者はそのようには言わない。FXで得られる実現損益の9割超は「実力」にとって得られら成績であり、良いテクニックを持つ人だけが、安定した収益を作り出せるという。


実力がすべて

 

FXで利益を上げるために必要な能力とは何か? 

FXトレーダーの中には、相場を読み、今後の値動きを当てるための「勘」や「運」が必要であると考える。しかし、私はそうは思わない。FXで利益を狙うにあたって、「勘」や「運」は必要なく、利益を上げられるかあげられないかはそういった超能力的なものでは決まらない。

 

FXで利益を上げるために必要な能力は「実力」である。「実力」とは、売買手法のことだ。売買手法には、テクニカル分析やファンダメンタル分析といった相場技術が含まれる一方で、負けないためのリスク管理の手法も含まれる。


エントリー・エグジットのタイミングを上手くつかむことができ、負けた時の対処法がしっかりとしていれば、その手法は「実力がある」ものであると言うことができ、こうした手法を持つことでFXで利益を上げ続けることができるのだ。

 

もし、FXで「勝つ」ために必要なのは「運」であると考えたり、FX取引を「勘」などの感情のみで行っていたりしたら、結果はどうなるだろうか? 初めのうちは、もしかしたら利益が好調に出るかもしれない。しかし、長い期間に渡ってそれを続けたら、利益が伸びる可能性はほぼないだろう。


運や勘に頼ったFX取引は、ランダムに「上か下か」を当てるギャンブルのような行為でしかない。無根拠に行って発生する結果もまた、無根拠に出るのである。

 

シストレにおいてもまた、実力がすべてである。シストレの場合は、売買ストラテジーの選び方や運用の仕方といった手法が、利益を上げる上で求められる技術だ。

 

実力を上げるためには

 

では、どうすればシストレで利益を上げ続けることができるほどの実力をつくのだろうか?

 

その答えは「経験」である。シストレ用のFX口座を開いた後、実際にストラテジーを選んで運用し、収益が概ね右肩上がりに上がり続ければ、そのストラテジーの選び方と運用方法は正しいといえる。

 

一方、損失が増える一方の場合や損益結果が横ばいのものの場合、やり方は間違っているとしか言いようがない。この場合、なぜ自分の方法が間違っているのが考え、自分の手法を改善させなければならない。

 

こうして、自分の手法を見直した結果、上手く利益が出るようになったら、改良後の自分の手法は「勝てる手法」であると判断できる。もし、それでも利益が出ない状態が続くのであれば、その手法は以前として間違った手法である。また再度、手法を見直してみることが必要だ。

 

自分の売買手法が利益を上げない状態であるならば、利益が出るようになるまで改良を繰り返すことが大切なのだ。そして、こうした過程を繰り返すことによって、少しずつ「勝てる手法」を作り出すコツをつかめるようになるのである。