「両建て」型の自動売買が今流行っている!

 両建てすると利益が得やすくなるという自動売買が、現在流行っている。システムトレードで「買い」と「売り」のいずれからもエントリーする戦略に設定し、円安になっても円高が進んでも損失が出ないようにする手段が人気を得ている。


 こうした「両建て」型の自動売買は、従来のストラテジー型のものと同じように、利用者はただ一覧の中からロジックを選ぶだけである。したがって、特にロジックを作り上げるために、コンピューターやプログラミングに関する高度な知識や、テクニカル分析の指標の詳細を学ぶ必要はない。


 ただ、一方方向にだけエントリーする自動売買とは異なり、相場の予測に反して逆方向にトレンドが変わっても、あまり損しないでシストレで失敗しにくくなるのが、この「両建て」型の特徴である。



「両建て」型には、どんな種類がある?

 「両建て」型の自動売買には、どんな種類があるのか。このタイプは、「リピート系」、「ループ系」と呼ばれることがある。


 「リピート系」の自動売買として、アイネット証券の「ループイフダン」やマネースクエアジャパンの「トラリピ」などが挙げられる。また、インヴァスト証券の「トライオートFX」も比較的リピート系のシステムトレードに当てはまる。


 「ループイフダン」や「トラリピ」は、特にコツコツと利益を積み上げていくタイプの自動売買となっている。決まった値幅ごとに相場が動くたびに、発生した含み益を決済していくのを繰り返すことで、利益が積み重なっていく。


 インヴァスト証券の「トライオートFX」は、半自動売買というタイプのものとなっている。基本的には選択型シストレである一方、シグナルのロジックを利用者が作ったり、カスタマイズできるようにとなっている。もちろん、一覧の中から選ぶだけで取引することも可能である。


 なお、「ループイフダン」と「トラリピ」の違いは、スプレッドの数値とカスタマイズ性である。ループイフダンの方は、スプレッドが小さいのが特徴だ。特に、アイネット証券の自動売買はスプレッドが業界で最安値である。したがって、非常に手数料コストで取引に臨めるのがメリットだ。


 一方の、トラリピの場合はカスタマイズ性が高い。利幅の数値を自在に変えることが最大の特徴であり、数値を数種類の中から選び出して自由自在には代えられないループイフダンと違い点である。


自動売買の評価はどう?

 

アイネット証券「シストレi-NET」の評価&レビュー

 アイネット証券ならではの、評価が高いところといえば、スプレッドの安さと人気の「ループイフダン」が取り扱われている点である。業界の中で、スプレッドが最安値となっていて、コストが激安なことで、良い評判を獲得している。

 

 

マネースクエアジャパン「トラリピ」の評価&レビュー

 トラリピならではの特徴は、トラップする値幅を自由自在に数値を変えることが可能な点である。また、リピート系の自動売買に専念したシステムトレードとなっていることで、その知名度は高い。


関連記事~こちらもチェック