資金量とポジション数の関係

 ミラートレーダーでFX取引の自動売買を行うにあたって、資金量とポジション数の関係について解説する。

 

ミラートレーダーで取るべきポジション数とは?

 

 資金量の大きさによって、取るべきポジション数は変わってくる。投資用の資金が多ければ、取るポジション数は大きくなり、少額資金になれば、取るべきポジション数の限度は下がる。やってはいけないのは、資金量が少ない中で何万通貨という大きなポジションを取ることである・資金的に余裕がない中で、大きなポジション数を指定する行為はとても危険だ。少しの損失であっても、全資金に対する損失の割合は高くなり、場合によっては破産することもあり得る。

 

資金100万円以下なら5000通貨

 

 取るべき資金量とポジション数の具体的な数値を挙げると、ミラートレーダーで用いることができる資金が100万円程度かそれ以下であるのなら、取るべきポジション数は5000通貨であるのが好ましい。1万通貨、あるいはそれ以上のポジション数を取ってしまうと、取ることになるリスクの規模も大きくなってしまう。すなわち、ミラートレーダーで自分が用いているストラテジーが損失決済を何度か発生させて負けた時に受ける金銭的なダメージは大きいものとなってしまう。

 

 過度にポジション数を指定するということは、過度に損失のリスクを取ることを意味する。したがって、ミラートレーダーで自動売買を行う場合、自分の実際の資金量がどれくらいのものであるのかをしっかりと把握し、その資金量がどれだけのポジション数がふさわしく、どれだけのリスクを取れるのかを理解したうえで、ミラートレーダーで取引を始めるのが求められるのだ。そして、ミラートレーダーで使う資金量が100万円までなら、取引するのは5000通貨が限度である。

 

最大建玉数も指定するべき

 

 ミラートレーダーにおけるポジション数に関して、最大建玉数も同時に決めるべきである。「建玉」とは、英語で言えば「ポジション」である。1つのストラテジーで同時に取る建玉の上限を指定するのも、資金面では大切な行動である。

 

 1つのストラテジーで同時にいくつもポジションを取ることは、一度に何度も同じような取引を行うことを意味し、すなわち、その分大きなリスクを取ることになってしまう。この点でも、過度なポジション数を取る取引のやり方と変わらない。つまり、避けるのが好ましい状態である。

 

 最大建玉数は1または2が良い。3以上になってしまうと、やはりリスクは大きくなり、許容するのが難しい。最大建玉の上限を設定して、ミラートレーダーのストラテジーでも時間的なリスクを分散するのも、ポジション数を分散するという「リスクの分散」の観点ではとても重要なやり方であろう。