ミラートレーダーで儲かる人と儲からない人

 ミラートレーダーで多くの利益が出て儲かる人と儲からない人にはどんな違いがあるのか。収益力が良いストラテジーを見つけてそれを利用し、施工を収める人もいれば、勝てる売買ルールを発見できずに儲かることなく、いつになっても「儲からない」という状況が続いてしまっている人も存在する。


 ミラートレーダーで利益を儲けるために大切なポイントとなるのが、勝てるストラテジーを見つめることである。勝てる売買ルールのものを利用することさえできれば、利益は自然と伸びていくだろう。そして、儲からない人がどうして勝てないのかを言えば、このようなストラテジーを見つけることができないからである。


儲からない仕組みに出会ったら

 

 しかし、ミラートレーダーであろうとその他の自動売買であろうと、実力の高い儲かるストラテジーを完全に見分けることはできない。儲かるだろうと予測して選んだ売買プログラムを稼働してみると、利益よりも損失が多くなって、負けてしまうということも少なくない例である。

 

 儲からないストラテジーに絶対出会わないで済む方法は残念ながら存在しないのである。この事実から、次に行うべきことといえば、儲かる可能性が最も高いストラテジーを選ぶ一方で、万が一負けるものに当たった場合に撤退する基準を決めることである。この方法が、ストラテジーに対する「損切り」である。

 

 ミラートレーダーでは、自分自身が直接的に取引するわけではないために、トレードに対する損切りを行うことはできない。あくまでも売買ルールが決済を行う仕組みになっている。だが、ストラテジーそのものに対する損切りについては人間が行う。

 

 儲かるような実力がない売買戦略のプログラムから早期に撤退し、利益を生み出してくれるようなロジックだけを使い続けることこそが、ミラートレーダーで利益を上げるためには重要なのである。そして、ミラートレーダーを利用して勝てる人は、このように負けるものに出会ったら「損切り」する一方で、勝てるものであればそれを本格的に利用する。

 

 逆に、儲からないと悩む人は、負けるストラテジーに出会っても、それを使っている状況から撤退することなく、「損切り」を行わないことで、いつになっても儲からない事態が続いてしまうのである。

 

儲かる人のまとめ

 

 ミラートレーダーで順調に利益を伸ばすような「儲かる人」の特徴としては、「損切り」を行っていることである。損を切るといっても、取引の決済注文を行うという意味ではない。ストラテジーからの撤退を意味する「損切り」である。

 

 儲からないストラテジーに出会ってしまうこともあるが、そういった負けるものに出会った場合には、ただそれを利用するのをやめることである。利益を上げる人の場合は、このようにストラテジーに対する「損切り」を実行することによって、利益を上げる売買プログラムだけを使うようになって、本当にミラートレーダーを通じて儲かる結果を実現することができるのある。