選択型シストレの1番良いストラテジー!?

・ミラートレーダーなどのシステムトレードに一番良いストラテジーは存在するのか?

・絶対に負けない方法などは存在しないのか?

 

 こういった、一般的に「必勝法」と呼ばれる不滅の手法を探し回る人はたくさんいることであろう。しかし、本当に「必勝法」となり得る、負けないストラテジーはあるのだろうか。そして、絶対に勝てるストラテジーの選び方、ストラテジー選びの必勝法などは存在するのだろうか。

 

必勝法となるストラテジーは存在しない?

 

 「必勝法」というと、まるで100%プラス収支を実現できるというような感覚を持つだろう。そうなると、自動売買においては必勝法は存在しないことになる。不確実性が存在する点から、どうしても実現することは不可能である。

 

 一方で、ずっと永遠に損する状態が続くという可能性もゼロである。どんなに悪いロジックのストラテジーであっても、永遠に負け続けるという結果が現れることもない。


 「勝ち負け」がはっきりと明確に予測することが不可能なのが投資の世界だからこそ、「1番良いストラテジー」を見分けることが難しくなって、発見するのが簡単ではないのだ。


完璧なストラテジーは存在しない

 

 ミラートレーダーを筆頭に、ストラテジー選択型の自動売買システムが普及した今、売買ストラテジーには膨大な数の種類があり、どれが一番良いのかを把握することが不可能である。


 そもそも、何を持って「良い」と判断するのか、という問いに対する正しい答えはない。短期間で利益を出すストラテジーが良いという人もいれば、多少時間がかかっても安定的に利益を伸ばしているストラテジーが王道という人もいるでしょう。

 

 しかし、必勝法という概念はない。どんなに良いと言われているシステムでも、「絶対に」負けを出さない、つまり絶対に損失を出さないストラテジーは存在しない。多くのトレーダーがこの事実を知ってはいるだろうが、どうしても勝つことだけに気を取られ、負けることに注意を払わない人が多い。


 たとえ、短期売買型のシステムでも、トレンド追従型のストラテジーでも、何度も負けてしまうことは避けて通れない。

 

 一般的に、トレンド追従型の売買方法の方が長期的に利益を上げ、トレンドに従った手法が「正しい」やり方であると言われている。しかし、いくらトレンドに追従しても、トレンド自体が形成されなければ、だましが多く発生し、損切りがひたすら増えるだけで、利益は出ない。


 レンジ相場が続く環境では、むしろ逆張り型(レンジ型・短期売買型)のシステムの方が利益を上げる。このような逆張り型の方が利益を出すこともある。

 

100%悪いストラテジーもない

 

 また、今まで継続的に損失を出してきて、運用実績が右肩下がりのグラフを描いてきたストラテジーでも、これからは利益を上げはじめ、V字回復する場合もある。売買プログラムを作成する人はたくさん存在するが、誰も損を出すためにストラテジーを作る人はいない。皆、利益を出しそうなストラテジーを作り上げる。

 

 そんな、利益を上げそうなストラテジーでも、損失を出し続けるものがある。なぜ、それらのシステムは不幸な結果を出しているのか。それは、たまたま時期が悪かったからであり、これからもそのような悪い時期が続くとは限らない。

 

 相場は日々変動し、そんなストラテジーでも、利益を出しやすい時期と利益を出しづらい時期がある。どんなストラテジーでも、永久的に利益を上げ続けるものはなく、逆に、永久に損し続けるものもない。損を出し続けるストラテジーは、「時期」が不運な結果の原因である。

 

関連記事~今すぐチェック

自動売買でバックテストをやる意味って何?
シストレにおいてバックテストを実施する目的とは何だろうか。なぜ、過去の市場の価格の値動きとロジックを照らし合わせて運用成績を確認する必要があるのか。
自動売買の利回りレベル! 何%ならOK?
自動売買では、どれくらいの利回りを達成することができるのか。初心者、中級者、上級者によって、たたき出せる年利は異なってくる。目標を達成するのはどんな人なのかに迫る。