トレーディング手法をどう改良するか

自己の手法に固執しない

 

 自分なりのトレーディング手法を持つ人は、トレーダーであれば誰にでも当てはまることだ。それが勝てる手法であることもあれば、残念ながら負ける手法であることもある。


 しかし、望ましくはないこととして、トレーダーたちの中には、自分のトレーディング手法に過度に自信やプライドを持ち、自分以外の他人が使う手法になど興味を持たず、たとえ自分の手法よりもより優れた手法があったとしても、それを参考にしようとはしない人がいる


 。自分のトレーディング手法に固執し、自分のトレーディング手法以外のものにはまったく目を向けないのも問題なのだ。

 

 確かに、自分が用いるトレーディング手法に対して自信を持つことは大切だ。自信が持てないということは、自分が用いる手法が「負ける」手法なのではないのかという疑いを持つことであり、そう考えてしまったら、最初から「負ける」ためにトレーディングを行うことと同じだ。


 しかし、自分のトレーディング手法を信じることと同時に、より「勝てる」手法を追い求めることも重要だ。トレーディングを行う目的とは「利益を得る」ことであり、自分の利益を最大化することこそが何よりも求められる。


 したがって、もし自分が今用いているトレーディング手法よりも「勝てる」手法があるとするならば、それを取り入れることが賢明な判断である。それを完全にコピーするまではいかないとしても、どういった点が良いのかを研究することをやらない手はない。

 

成功者の手法を参考にする

 

トレーディング手法をどう改良するか?

 

 原則として、トレーディングで成功を収めている人の手法をまず参考にすることだ。たまたま偶然に利益が伸びて、成功を収めているという人も一部存在するが、多くの場合は、何らかの「勝てる」手法を持っているために、利益を上げているために成功しているわけである。


 つまり、成功者のほとんどが持っている「勝てる」手法を取り入れば、自分も現在より多くの利益を上げることができるようになる期待値は高まるのである。

 

どういった点を参考にすればよいか?

 

 参考にするべき点と聞き、まず頭に浮かぶのはおそらく「相場技術」についてであろう。相場技術とは、テクニカル分析やファンダメンタル分析を行って、相場を分析して売買のタイミングをつかむための技術である。


 相場技術は、相場で得る利益を左右する技術だ。これがなければ、利益を上げ続けることは難しい。したがって、成功者の相場を分析する高い技術を参考にすることは欠かせない。

 

 参考にするべき点はもう1つある。それは、「リスク管理」のやり方である。たとえどんなに高い相場技術を持とうと、損失取引を経験することには必ず出会ってしまう。リスク管理の具体的な内容として、「損切り決済時の基準」と「手法を改良する基準」が挙げられる。


 どれくらいの損失が発生したら、損切り決済や利用する手法を考え直すのか、という基準を持つことの大切さを知る人は多い。しかし、そのやり方が悪ければ、いくらリスクへの対策を行っていたとしても、「勝つ」ことは期待できない。


 よって、リスク管理のやり方についても、相場で成功を収めている人の方法に目を向けることは大切なのである。

 

期待値を上げることが大切

 

 もちろん、より「勝てる」であろう手法を見つめたところで、いざそれを実践し始めてみると、負け取引が増え始めてい待ったという不幸な結果になることもある。


 相場に「絶対」や「保障」という概念は存在しない。新たな手法よりも、今までの手法の方がはるかに良かった、という状態に陥ることもあるだろう。いくら期待値が高いといえど、絶対に利益を上げることを保証しているものではなく、あるまでも「勝てる」可能性が大きくなるということだけに過ぎない。


 とはいえ、期待値が高まれば、それだけより大きな利益を得る可能性は高まる。「勝てる」確率が高ければ、いずれは利益を上げることはできるのだ。それによって、自分の資産を増やす機会は間違いなく増えるのである。