シストレの実践方法・手法! 具体的には?

自動売買で成功するための道のり

 

  1. 正しい考え方を身に着ける
    • リスクに対する心構え
    • 冷静な判断
    • 手法の優位性について
  2. 具体的な手法(トレーディング・ルール)を身に着ける
    • ストラテジーの選び方
    • ストラテジーの運用管理のやり方
    • 成績を検証する方法
  3. 手法を用いて実践する
    • 考え方、手法を行動に移す
    • 結果を検証する
    • 手法研究と検証を何度の繰り返し行う

 

具体的な手法

 

この「シストレ実践」の章では、自動売買、特にミラートレーダーなどの選択型システムトレードを行うにあたって具体的にどうすれば成功を収めることができるのか、といった内容を採り上げる。

 

つまり自動売買での「勝つ手法」、「勝てる手法」、「負けない方法」のように、具体的なやり方や手法についてを説明していく。特に、ミラートレーダーを中心に、ストラテジーの選び方やストラテジー・ポートフォリオの運用手段、自動売買をやるにあたっての注意点についてを、具体的な方法論を挙げて説明する。

 

「シストレ勝つ方法」の章では、自動売買を行うにあたっての正しい考え方や間違った思い込みなどを説明し、自動売買に限らずに投資全般で利益を上げ、資産運用として成功を収めるために求められる根本的な心構えや考え方に関する記事を載せてきた。この章を読んだ人がそれらを理解できたならば、私は非常にうれしい。

 

一方で、シストレを行うにあたって必要不可欠な心構えや考え方についての知識を身に着けたとしても、それを実際の自動売買で実践できなければ、それを知ったメリットはそれほどない。

 

学んだことを手法としての行動計画を作り上げ、その作り上げた手法を実践して初めて、シストレで勝つ方法や考え方の研究が意味のあるものになるのだ。もし、単に「勝てる方法」、「勝てる考え方」を知っただけならば、それはただの勉強でしかない。

 

ただ、心構えや考え方を知ったからといって、それを実践するための具体的な方法を知らない人は多いことであろう。そして、この「シストレ実践」という章では、実践するための方法(勝つための手法)を私は紹介する。

 

相場の値動きはいかなる動きをするため、常に今までとは違った動きを見せる。したがって、私の具体的な手法も必ずしも多々しいとは限らず、間違っている内容も含まれることも存在するだろう。

 

「勝てる手法」ではなく、逆にそれが「勝てない手法」になってしまうかもしれない。相場には「確実性」が存在しない以上は、「これぞ絶対…」という方法論は存在しない。

 

しかし、その具体的な手法・方法を知り、実践すれば、少なくとも「勝つ」期待値は上がる。「勝てる方法」を実践して利益が得られる期待値を上げ、自動売買を通じて資産運用における成功を手にすることができれば、このサイト記事の筆者である私は非常にうれしい限りである。せひ、私の具体的な方法論を参考にして、自動売買を通じたFXトレードを行ってほしいと思う。

 

シストレ実践手法の続きと関連記事

 

 選択型システムトレードでは、まずストラテジーの選びから始まる。選んだあとには実際に資産運用が始まる。次に操作をするのは、ストラテジーを止めるときや入れ替えるときである。そして、これらを行う際に気を配らなければならないのがリスクへの対処する手法である。こういった具体的な手法とは何か、上の記事で具体的な技術や方法を取り上げる。

 


※自動売買の手法の対象としているシステム

  • ミラートレーダー
  • エコトレFX
  • シストレI-NET
  • アルゴトレード365

 

 このシステムトレードにおける実践的な手法として、使用する自動売買の種類については、主に上の4種類を対象としている。しかし、方法的には上記だけに限らず、「トライオート」や「ちょいトレFX」などの自分でカスタマイズできるシステムトレード、あるいはストラテジーを完全に自作することができるMT4、VTトレーダーなどの自動売買ツールでの参考にするべき手法として活用することができる。

 

≫システムトレードの種類とは