自動売買でのリスク管理の方法! 負けない戦略とは?

 FX選択型システムトレードなどの自動売買におけるリスク管理の方法とは、どんなやり方なのか。リスク管理の重要性を理解していたとしても、その具体的な方法がわからなければ、実際に「損失」や「元本割れ」のリスクに対して意味のある行動を取ることができない。

 

 そこで、リスク管理の具体的な方法として、3つの手法を取り上げる。自動売買で収益を安定的に伸ばし続けるためには、その意思とは反対に負けてしまう結果を防ぐ防護策として、ストラテジーを運用している時の手法を行わなければならない。

 

リスク管理の手法とはどんなものか?

 

1.ストラテジーを止める基準

 

 リスク管理として存在するさまざまな方法のなかで、「損切り」という方法は最も有名なリスク管理の法方である。売買ストラテジーを用いた自動売買では、裁量トレードでの「損切り」にあたるものは、ストラテジーの稼働を止めることである。もちろん、ストラテジーを止める目的も、損失を限定させることである。


 どんなストラテジーにも収益をもたらす可能性は存在する。しかし、相場にはうまく適合することができず、損失を出しやすいストラテジーはいくつもある。そんな中で、仮にこのようなストラテジーを選んでしまった場合には、資産が減っていく状況から脱出することが求められる。


 そして、資産を減らす要因を早めに取り除くことが、ストラテジーを止めることで、さらなる損失を被るリスクをなくすことができるのだ。

 

2.リスクの分散

 

 2つ目のリスク管理の方法として、リスクを分散させることが挙げられる。自動売買においてリスクを分散させる方法が、複数のストラテジーを同時に運用する方法である。


 また、複数の売買対象を選ぶこと、つまり異なる通貨ペアをを選ぶこともリスク分散の方法である。複数のストラテジーや通貨ペアを運用することは、投資資金の分散にもつながる。こうして、リスクを分散させることで、一度に損失を受ける確率を下げることができるのだ。


 また、複数のストラテジーと通貨ペアを組むことで、投資資金全体に対する損益曲線は滑らかになり、損益状況が不安的に推移する状態を避けることができる。そして、全体の損益状況がプラスであれば、安定して収益を上げることができるのだ。


 こうしたリスクを分散させる方法が、異なる複数のストラテジーと通貨ペアを組むことである。

 

3.成績確認の頻度

 

 3つ目は、成績確認を行うということについてである。定期的に運用成績を確認することもまた、リスク管理の方法である。運用成績は可能であれば1日1回は行うことが望ましい。もし時間がなく、これほど高頻度で確認を行えないのであれば、2日に1度でも構わない。ただ、最低でも3日に1度は行うべきである。


 運用成績を確認する目的は、ストラテジーの収益状況が不安的になっていないかどうかを確認することである。もし大きな損失を出し始め、ストラテジーを止める基準に達しているならば、そのストラテジーを止めなければならない。


 しかし、ストラテジーを止めることを実行するのが遅すぎてしまうと、当初の基準よりも大きく損失を出してしまっている状態に遭ってしまう可能性も否定できない。こうした手遅れの状態にならないために、定期的にこまめに運用成績を確認しなければならないのである。


 よって、3つ目のリスク管理の方法とは、1日に1度はストラテジーの運用成績を確認するという方法である。この頻繁に運用成績を確認する作業を実行に移し、必要なメンテナンスを行うことが、自動売買で収益を得ることへと結びつくのである。