ミラートレーダーで入出金するための7つの銀行

 ミラートレーダーにおいても、通常のFXや株式取引の口座と同じように、銀行のネットバンキングを使って、クイック入金がおすすめである。入金の手数料はもちろん、出金についても無料であり、手数料はかからない。


 ただ、各業者によって、取り扱っている金融機関は違ってくる。取り扱っていない銀行も、会社によっては存在する。そのため、今回はミラートレーダーでクイック入金及び出勤を行う際に、使える銀行についてを解説する。


ミラートレーダーに入金できる銀行とは?

 

メガバンク3行

 

 メガバンク3行の銀行口座を持っていて、さらにネットバンキングに登録しているのであれば、概ねどんな会社でも入出金を行うことができる。メガバンク3行とは、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3銀行のことを指す。これかのうち、いずれかでネットバンキングができる環境さえ整っていれば、新たに銀行口座を開設する必要はないだろう。

 

ゆうちょ銀行

 

 ゆうちょ銀行についても、ほとんどの業者で取り扱われている。メガバンク3行とほとんど性質的には同じである。ただし、ネットバンキングを利用できる環境をつくる必要がある。もし、口座は持っていても、ネットバンキングには登録していない場合には、こちらも追加で登録することが求められる。

 

ネット銀行

 

 ネット銀行についても、すべての会社でいくつかの銀行については取り扱っている。ほとんどすべてのFX会社で取り扱われているネット銀行とは、「楽天銀行」、「ジャパネット銀行」、「住信SBIネット銀行」の3つである。

 

 これら3行のうち、いずれかでも口座を凝っている場合には、ミラートレーダーでも入出金についてを心配する必要はまったくない。また、ネット銀行は、はじめて口座を開いた時からすでにネットバンキングが出る状態に100%なっているため、追加で何かを登録する必要はまったくない。ただ、自分がこれから利用するミラートレーダーの業者の入金欄をクリックして、希望する入金額を打ち込むだけで済む。


 そのため、これから新たにネット銀行を口座開設しようと考えている場合には、楽天、ジャパネット、住信SBIのいずれかが非常におすすめである。