ストラテジーの種類数の多さについて

ストラテジーの種類の数が表すもの

 

 ストラテジー選択型システムトレードでは、ストラテジーの種類が多ければ多いほど、投資対象は豊富である。ストラテジーの種類の数がどんな人に重要であるのかを今回取り上げる。

 

ストラテジーが多い方が有利

 

シストレ各社によってストラテジーの種類の数は異なる。しかし、ストラテジーの種類が多いところが人気である傾向がある。なぜか。それは、種類が多ければそれだけ良質なものも多いからである。利益を上げ続けるストラテジーが全ストラテジーに占める割合は3割程度であると言われている。

 

存在するストラテジーの中で利益を出しやすい状態にあるものは3つに1つということで、実際に利益を上げるものは少ないのである。いくらストラテジーを作り上げたいるのはFX界のエキスパートであるからといって、実際の相場で利益を上げ続けることは至難な業であるということなのである。だからこそ、良質なストラテジーが実質的な数では多く取り揃えているような、ストラテジー数が多い業者を選ぶことが望ましいのである。そして、ストラテジーの種類が多く存在する業者を利用することによって、シストレで勝つチャンスをつかむことができるのである。

 

ツールも大切

 

実際にストラテジーを選ぶ場合、利用者は皆ストラテジー検索用のツールを利用することでしょう。利用者の多くは、検索ツールを使って利益を出してくれそうなストラテジーを探し出すのである。しかし、もしストラテジーを探し出すための検索ツールがなかったら、利用者はどのようにして勝てそうなストラテジーを見つけるのか。したがって、ストラテジーを探し出すための検索ツールがなければ、そもそも良質なストラテジーに出会うことができないのである。よって、検索をするためのツールも備えられているFX会社を選ぶことも重要だ。

 

また、ストラテジーを検索する際には、今までに上げてきた利益の大きさだけでなく、各ストラテジーが1回当たりの売買で出している利益や損失、今までに出したことがある最大利益や最大損失、ドローダウン幅などを検討対象にして検索できるツールが備わっているかどうかも重要だ。様々な考え方によってストラテジーを見つけ出すことも、シストレで利益を上げるには必須な道具だ。 

 

したがって、シストレ口座の開設先を選ぶにあたっては、ストラテジー検索用のツールも良質であるところを選ぶことも重要である。

 

「勝つ」ためには良いストラテジーを選ぶしかない

 

裁量トレードのFXでは、利益を上げるか上げないかトレーダー本人の手法・能力にかかっているが、シストレでは売買の判断をするのは利用者ではない。ストラテジーが売買信号を送って、そのストラテジーが狙ったように相場が動いた場合に限って利益が出るのである。だから、シストレで収益を上げるためには、相場の値動きに対して、利益を上げられるようにプログラム化されたストラテジーを利用することしか方法はないのである。逆に、相場の値動きについて行けないストラテジーを使っていては、利益を上げることはできず、むしろ損失を大きくしていってしまうのである。

 

だからこそ、シストレで利益を上げ続けるためには、さまざまな種類のストラテジーが存在して幅広い選択肢が存が用意され、ストラテジーを探し出すための検索ツールがあるFX会社を選ばなければならないのである。そして、利益を出してくれるストラテジーを選んでこそ、初めて自分の資産が増えるのである。利益を出しやすいシステムを提供するシストレ業者を選んだ者が、選択型の自動売買を制するといっても過言ではないだろう。