スプレッド表示に関する注意点

ミラートレーダーのスプレッドは非公開が主流

 

一般のFX口座では、スプレッド幅が明確に提示されているところが大多数であり、スプレッド幅がわからないFX会社はほとんど存在しない。例えば、一般的なFX取引のブローカーの中では有名であるGMOクリック証券が提示するスプレッドはどんな場合でも固定値である。そのほかの業者でも、裁量トレードを前提とした口座のスプレッド幅については明確な数値で提示する。

 

一方で、シストレにおいてはスプレッド幅を正式に提示しているFX会社は少なく、特にミラートレーダーを扱うFX会社の場合、アヴァトレードのアヴァ・ミラートレーダーを除いて、全てのFX会社でスプレッド幅は非公開になっている。そのため、当サイトも含めて、スプレッド比較をしているサイトに記載されているスプレッド幅の値は実際の値と異なる場合がある。

 

「実際の値とは異なる」とはどのような意味かというと、1日の時間帯によって提示されるスプレッド幅が異なる、という意味である。つまり、ミラートレーダーのほとんどの業者を含め、シストレ口座を提供する業者の多くでは、提示されるスプレッド幅の値が変動するのである。そのため、スプレッド幅の低さによってシストレ口座を開設するべき業者を選ぶ際には、時間帯によってコストの大きさが変化するということを考慮しなければならないのである。

 

ミラートレーダー:スプレッドは最低でも2.4銭

 

各社のミラートレーダー口座のスプレッド値は低くて2.4銭(米ドル/円)。多くのFX会社のスプレッドはそれよりも大きく、変動制スプレッドの最小値でも2.5銭よりも低くなることはない。また、ミラートレーダーの口座のスプレッドと一般のFX口座のスプレッドの値は全社それぞれ異なり、同一の値であることは決してない。

 

一般のFX口座のスプレッドでは、多くのところが1銭以下(米ドル/円)である一方、ミラートレーダー口座のスプレッドは別枠であるため、スプレッド値も大幅に異なり、一般のFX口座の3~5倍ほどの値である。

 

嘘のスプレッド値に注意

 

ミラートレーダーのスプレッドを比較紹介したホームページで「米ドル/円のスプレッドが0.8銭」など、とても低いスプレッドであるということが記載されているが、これは大嘘である。0.8銭というのは一般のFX口座のスプレッド値であり、ミラートレーダー口座のスプレッド値ではない。

 

2.4銭以下のスプレッドの値が記載されているからといって、それを信用してはいけない。おそらく、そういう記述をしているサイトの作成者はあまりミラートレーダーのことを詳しく知らないないのであろう。