スマホが使える自動売買は2つだけ?

 スマートフォン(スマホ)が使える自動売買を提供している業者は、特に選択型システムトレードにおいては今のところ、2社しかない。それは、インヴァスト証券の「シストレ24」とFXプライム「選べるミラートレーダー」である。

 

 ほかの業者では、いずれもスマホに対応していなく、自分のパソコンからでしか自動売買に関する取引の操作を行えない仕組みになっている。

 

スマホが使える自動売買の比較

 もともと、自動売買は限られた時間でしか直接オンラインを通じて操作しないようなシステムであることから、スマホやモバイルには対応させてこなかった経緯がある。

 

 MT4(メタトレーダー)については、いくつかの業者でスマートフォンが利用できる環境になっているところも存在する。しかし、MT4の場合は、あくまでもEAのロジックの稼働とスタートさせたりストップさせたりできる程度であり、詳細にバックテストを行ったり、ロジックを見直す作業を行うことはできない。

やはりスマホは便利!!

FX自動売買「シストレ24」のスマホ
インヴァスト証券より

 一般的に、自動売買は放置しながらでもFX取引ができるようにするためのツールであると考えられる場合が多い。したがって、外出先で操作できるような環境はあまり重要視されていない。


 この点から、現時点で、選択型システムトレードでスマートフォン(Android/i-Phone)が使える業者はインヴァスト証券とFXプライムの2社のみになっているのである。決して多い数字とはいえない。


 しかし、実際の問題としては、やはりスマホが使える自動売買の方が、より便利性が高い。外出中で家のパソコンが使えない状況においても、どうしても運用中のストラテジーの成績をチェックしたくなるだろう。あるいは、外出先の時間を有効活用するために、暇な時間をストラテジーを選ぶ作業に充てたいと考える場合もあるだろう。

 

 こうした点から、自動売買にスマホが使えるのと使えないのとでは、便利度が違ってい来る。また、スマホが使えるというメリットからも、シストレ24が人気を誇っている要因の1つであることは、おそらく間違いないだろう。それだけ、スマートフォンが利用できるという長所は大きいのである。

 

今後の進展に期待

 

 以上のことから、スマホが使える自動売買はとても少ないのが現状である。外出する時間帯が多い人にとっては、自動売買を放置することに不安を感じてしまうこともあるだろう。家の外でも、せめて運用状況くらいは確認できるシステムがあってほしいものであろう。

 

 ただ、今後はどうなるかわからない。スマートフォンのさらなる普及によって、自動売買であってもスマホからも利用可能な便利なソフトに仕上げてくれる可能性も否定できない。

 

 選択型システムトレードをめぐる競争は年々激化する傾向にある。そのため、より幅広いデバイスからのアクセスが可能なプラットフォームを用意し始める業者も現れ始めるだろう。こうした利便性の向上についてを、今後は期待したいところである。