スワップ金利の考え方

外貨預金としてのFXでは大切

 

FXでは、取引通貨間の間の金利差としてスワップポイントが発生する。日本円を軸にした場合、日本円は世界屈指の低金利通貨であるため、ほとんどの他国の通貨ではスワップポイントがプラスになる。特に、発展途上国の通貨は高金利である傾向があるため、高いスワップポイントを得ることができる。外貨預金としての意味合いでFXを行う場合には、スワップポイントはある程度取引に影響する。

 

シストレでは考える必要なし

 

しかし、シストレは売買頻度が多く、どんなに低頻度なストラテジーでも、外貨預金程の長期投資にはなる者はなく、スワップポイントが利益に影響する額はたかが知れている。スワップポイントを狙うよりも売買差益、つまり利益を上げ続ける通集なストラテジーを選んだ方が効率的であり、大きなリターンが期待できる。

 

逆にスワップポイントを狙ってシストレを行ってしまうと、思わぬ落とし穴に落ちてしまう可能性もある。スワップポイントで利益が出たとしても、売買差益がそれを打ち消すほどのマイナスになってしまい、結果的に利益が出ることがない、というようなことはよくある話だ。金利を狙うのは、長期投資に値する外貨預金などで求めるべきである。