確定申告について

自動売買も自己申告制

 

株においては、証券会社側が自動的に税金を納めてくれる「特定口座源泉徴収あり」というタイプの納税方法がある。これによって、株の売買で得た利益から何もせずに利益の20.315%が税引され、自分で確定申告を行う必要性がない。しかし、FXにおいてはそのような制度はなく、自動売買も一般的な裁量トレードも違いは全くない。

 

年度内にFXの運用で得た利益が20万円を超えた場合には、確定申告を行わなければならない。逆に言うと、1年間で出た利益が20万円以下の場合には確定申告を行う必要はない。

 

FXで得た利益は「雑所得」といい、先物取引と同じ扱いを受ける。そのため、ほかの先物取引やオプション取引、CFDで得た利益を損益通算することができる。

 

確定申告のやり方がよくわからない

 

今までに投資経験がなく、初めて確定申告を行う人にとっては、確定申告のやり方は複雑でよくわからないものであると思うことがある。実際に、複数のFX会社や先物会社で取引している人にとっては、確定申告がややこしいものになり、どのようにして確定申告を行えばよいのかがさっぱり分からなくなることはしばしばだ。

 

しかし、確定申告の仕方は全てのFX会社のホームページに記載されている。そのため、分からなかったらそれを見て行うことをすすめる。または、以下のサイトにも詳しいやり方や制度の仕組みが載っているため、ぜひ参考にしてほしい。

 

http://fxzei.client.jp/index.html