FX自動売買「選択型シストレ」のランキングTOP5

選択型シストレ(自動売買)のランキング

FXの自動売買の1つのタイプである「選択型シストレ」の種類のランキングについてをここでは載せている。自動売買専用の口座のスプレッドやストラテジー数、必要資金量、人気度を総合的に考慮して証券会社を順位化したものが、以下のようなランキングとなった。

 

なお、自動売買のプラットフォームが「ミラートレーダー」であるか、あるいは業者が独自に開発したプラットフォームであるかについては、ランキングの順位化の基準とはしていない。

 


ランキングTOP5

 

インヴァスト証券 「シストレ24」

 

 

 

  スプレッド ストラテジー数 ツール 注目度 通貨ペア数
評価 C S S S A
 

≫『シストレ24』の詳細について

 
現在、FXシストレ業界の中では最も人気のある証券会社である。ランキングでもトップに君臨するシストレ24の人気の要因はストラテジーの種類の多さである。
シストレ24のプラットフォームはミラートレーダーであるが、ミラートレーダーの開発会社でストラテジーの提供源でもあるトレーデンシー社(Tradency)のストラテジーに加え、インヴァスト証券独自にもストラテジーをかき集めている。
このことから、他のミラートレーダーを扱うFXシステムトレード業者に比べて、種類が大幅に多い。その総数は1500種類にも及び、もちろん選択型システムトレードの業界では最多となるの数である。
 
さらに、「MYシストレ24」というコンテンツの豊富さも人気の要因となっている。高評判の「ストラテジー検索」の簡単さと使いやすさは、他社にはない独自のコンテンツであり、インヴァスト証券『シストレ24』でしか使えないストラテジー検索用のツールである。
インヴァスト証券は、選択型システムトレードに限らず、すべての自動売買の会社の中で比べた場合にも、非常に人気のある業者である。今まではMT4やその他の自動売買ソフトを使っていた人が、インヴァスト証券のシストレ24に乗り換えるケースも多い。よって、とても人気が高い証券会社となっているのである。

 

アイネット証券 「シストレi-net」

 

 

 

  スプレッド ストラテジー数 ツール 注目度 通貨ペア数
評価 S C A A C

 

『シストレi-net』の詳細はこちら

 

アイネット証券の自動売買ツール「シストレi-net」は、トレーデンシー社のミラートレーダーではなく、アイネット証券の独自ツールである。また、シストレ業界の中では後発組であり、比較的歴史が浅い。

 

そんな後発組として、ミラートレーダーを採用する他社の自動売買ツールと比べて独自感のあるツールとなっている。売買ストラテジーには、ミラートレーダーと似たようなテクニカル系のものがある一方で、ミラートレーダーには存在しないループ系のものが存在する。

 

「シストレi-net」のメリットといえば、まずスプレッドの小ささであろう。アイネット証券では自動売買であっても、ミラートレーダーを採用するどの業者よりもスプレッド幅が大幅に小さい。

 

他社の自動売買ツールでは、米ドル/円のスプレッドは最低でも2.5銭はある中で、アイネット証券は2.0銭である。そのほかの通貨ペアにおいても、スプレッド幅は他社に比べて有利な条件である。

 

最低取引通貨単位が1000通貨という点も、少額トレーダーにとっては大きなメリットとなる条件である。特に、ミラートレーダーを採用するすべての業者では、2014年4月から「5000通貨~」という条件になってしまったため、アイネット証券は数少ない「1000通貨」による取引が可能な数少ない業者の1つとなってしまった。

 

 

みんなのシストレ

 

 

 

  スプレッド ストラテジー数 ツール 注目度 通貨ペア数
評価 A B A B B

 

≫みんなのシストレの詳細はこちら

 

「みんなのシストレ」はトレイダーズ証券が運営する自動売買(選択型シストレ)である。その中でも、「コピートレード」と呼ばれる種類の自動売買である。基本的には、Tradencyのミラートレーダーなどとほとんど同じである。

 

特徴として、各ストラテジーの利用者数を把握することができるしくみになっている。また、1,000通貨という少額の元手からでも取引に参加できることから、多くの人から注目を集め始めている。

 

1,000通貨から取引できる自動売買(選択型シストレ)は少ないことから、特に小さなもとで資金でシストレに取り組みたい人にとっては、口座開設の有力な候補となっていることは間違いない。

 

 

④ひまわり証券 「エコトレFX」

 

 

ひまわり証券【ひまわりFX】

 

  スプレッド ストラテジー数 ツール 注目度 通貨ペア数
評価 B B S A B

 

≫ひまわり証券「エコトレFX」の詳細について

 

ひまわり証券のシステムトレード「エコトレ24」は上記の会社のシステム:ミラートレーダーとは異なり、ひまわり証券独自のシストレ用ツールである。ひまわり証券はインヴァスト証券と同様に、選択型システムトレードの「先発組」であり、早い時期に選択型の自動売買に参入した。

 

だが、取り扱うストラテジーもミラートレーダーのものとは全く異なる。ミラートレーダーはイスラエルの会社を通じて、世界中の金融プログラマーが作成したストラテジーである一方で、「エコトレ」のストラテジーは主に国内のプログラマーが作成したものが多い。

 

ストラテジー数も全部で約150種類とミラートレーダーよりも少ない数ではあるが、「エコトレ」の特徴は、バックテストが可能な点である。ミラートレーダーでは、大まかな統計しかわからないが、「エコトレ」ではどのストラテジーが、いつ、どのくらいの損益を出したのかが分かる。また、同一のストラテジーでもチャートの時間軸を変えることができる点も当社の大きな特徴だ。

関連記事~今すぐチェック

自動売買が使えるネット証券7社の比較!!
自動売買が使えるネット証券として、有名な7社を比較する。それぞれ、どんな点がメリットで、どんな点が欠点なのか。
スマホが使える自動売買は2つだけ?
スマートフォンからでも自動売買の取引プラットフォームを開くことができる会社は2つとなっている。
ミラートレーダーの業者BEST5の比較
ミラートレーダーを採用する証券会社として日本国内の5社を比較する。評価のポイントを判定する。