自動売買の業者の選び方

 自動売買、あるいはシステムトレードを取り扱う業者、ネット証券の選び方となる基準とポイントについて、どんな特徴やメリットを重視して口座を開設するべきなのか、今回は検討する。自動売買の場合は、特にツールやサービスの面で会社によって大きく異なるため、業者選びは重要なポイントだ。したがって、どんな基準をもとに選んだらよいのかを考えることが求められる。


業者を選ぶ際のポイント

 

1.自分の売買スタイルに合っているか?

 

 まずは、自分の売買スタイルに合っているかどうかを考える。もし、スキャルピングのような短期売買を得意とする売買ストラテジーを強く考えている場合には、スプレッドの幅が低いという特徴を優先的に考えて業者を見つけなければならない。低スプレッドという条件が整う業者を選ぶことにより、自分の売買スタイルに合ったトレードを行いやすくなる。

 

 もし、1回あたりの売買利益が大きい「ハイリターン」型の売買ストラテジーを利用したいと考えているのであれば、備わっているストラテジーが豊富である業者が求められる条件となるだろう。また、投資対象となる通貨ペア数も多いことが好ましい。さらに、ストラテジーをスクリーニングするためのツールやコンテンツについても考えるべきである。したがって、ハイリターンのストラテジーを利用することを前提に業者を選ぶ場合には、ストラテジー数や通貨ペア数が多く、ツール・コンテンツが充実している業者を選ばなければならない。

 

2.希望する自動売買システムであるか?

 

 自動売買のシステムにはミラートレーダーをはじめとするシグナル型のものや値幅によって売買を繰り返すループ系などが存在し、自動売買システムの種類は実に多岐にわたり、その種類は各業者によって異なる。そこで、自分がやりたいと思う自動売買システムが用意されている業者を選ぶことが求められる。

 

 たとえば、ミラートレーダーに挑戦してみたいと考えているならば、ミラートレーダーのシステムを採用している業者を選ぶことが一番である。逆に、ミラートレーダーをやりたいと考えているのに、ループ系のシステム、またはミラートレーダーではない自社開発の独自のシステムしか用意していない業者を選ぶのは、身に合っていない。したがって、自分がやりたい自動売買のシステムが備わっている業者を選ぶことが、業者選びの2番目のポイントである。

 

3.生活スタイルに合っているか?~スマホ対応

 

 生活スタイルは、人それぞれによってことなる。会社員であれば、日中は仕事で外出していることになるし、専業主婦であれば日中は家にいることが多い。だが、どちらかというと日中は外出している人の方が多いだろう。その場合、パソコンを使うことはできないか状態になる人がほとんどである。

 

 一方で、スマートフォンを持ち歩く人は多い。スマートフォンがあれば、外出している時でもトレード活動に手を加えることができる可能性は出てくる。しかし、パソコンでは自分の取引プラットフォームを開くことができても、スマートフォンではそれができないという業者も多く存在する。だが、外出が多い人にとっては、スマートフォンが使えないのは致命的だ。

 

 こういった外出が多い人の場合は、当然ながらスマートフォンに対応している業者を選ぶことが好ましい。パソコンのみの業者を使ってしまうと、プラットフォームを開く機会が限られて、自動売買のストラテジーの管理がやりにくく、さらにはそうした運用管理がおろそかになってしまうこともあり得る。自分の生活スタイルによるデメリットとならない業者を選ぶこともまた、業者を選ぶ際に考えるポイントである。

 

結論…満足のいく自動売買を行うために

 

 自動売買で安定した利益を上げ、成功を収めるためには何が必要か? 勝てる売買ストラテジーに出会うことや、良いストラテジーを見つけ出すテクニックを構築することは、自動売買で勝つための重要な要素である。それと同時に、使いやすく、自分のトレード・スタイルに見合った条件のある業者を利用して自動売買を行うこともまた、高い収益を得るためには必要不可欠である。条件が整った業者を用いて、満足のいく自動売買を行うことこそが、「勝つトレーダー」になるためのポイントであろう。