海外業者はNG! ミラートレーダーには安心第一!

海外では大して注目されていない

 

日本国内では近年選ぶだけの自動売買は注目され始めているが、欧米ではそうではない。欧米で自動売買といえばメタトレーダー(MT4)が圧倒的多数であるため、ミラートレーダーのような選択型のものは一部の人が使うのみである。

 

そのため、海外FX業者ではMT4を取り扱うところは多数あり、競争は激しく、サービスの質も良好である。一方のミラートレーダーについては、そもそも取り扱っている業者が少数派であり、会社を上げて顧客獲得に力を入れることはしないようである。


国内の業者のように独自のストラテジー検索システムは大半の業者で取り扱ってはいなく、日本独自のサービスといってもよいだろう。

 

入出金も不便

 

海外FX業者のもう1つの欠点といえば、入出金がやりにくく、不便である点だ。日本国内のFX会社であれば、クイック入金サービスを利用して、わずか数秒で入金することができ、出金の際もクリックするだけで簡単に自分の銀行口座に出金することが可能である。


しかし海外の業者では、クイック入金サービスなんてものは存在しないところが多数である。入金はクレジットカードで行うのが主流である。出金も実際に行われるまでに数日かかるところが多く、即時性に欠ける。

 

さらに、海外業者では出金手数料がかかる会社が多数だ。出勤手数料は決して安くはなく、到底利用しがたい。そのため、頻繁に出金することはできず、まとまった額での出金しかできないと考えた方が良い。

 

何より英語が必須

 

海外業者の最も大きな欠点といえば、英語がほぼ必須である点だ。日本語サポートがある業者も多いが、何らかのトラブルが発生して業者に問い合わせを行う場合、使う言語は英語であると思った方が良い。


日本人スタッフが常にいるとは限らず、返答の即時性にも欠ける。そもそも、日本から一歩外に出た世界は、たとえFXの世界であっても、日本語は全く役に立たない言語であると思っておいた方が良い。


したがって、英語がさっぱり理解できない人はもちろんのこと、あまり得意ではないと感じる人も、海外のFXオンライン会社を選ぶのは控えた方が賢明だ。日本国内に拠点を置く会社こそが、安全な選択肢だろう。

 

  国内業者 海外業者
普及率

選べる自動売買が大人気

特にミラートレーダー

MT4が主流

ミラートレーダーはイマイチ

検索ツール あり なし多数
入金

クイック入金サービス

or 銀行振り込み

クレジットカード

or 銀行振り込み

手数料 なし

出金手数料あり

口座維持手数料も

言語 日本語 少なからず英語必須