1,000通貨対応の選択型シストレは少ない!?

 1000通貨で取引できる一般のFX会社自体は決して少なくない。しかし、自動売買ができる業者となると、特に選択型システムトレードができる会社が少ない。MT4などのソフト型の自動売買を取り扱うところでは、1000通貨よいう少額での取引ができる会社は多いが、選ぶだけのタイプについてはとても少ない。


選択型システムトレードは3社だけ

 

 

 残念ながら、選ぶだけで自動売買ができることから、最近とても話題となっている「選択型システムトレード」については、1,000通貨取引ができる業者はこれら3社しか存在しない。選択型システムトレードを取り扱い始めるFX会社やネット証券は増える傾向にあるものの、今のところは3社でしかできないのが現状である。


 ほとんどの業者では、5,000通貨から、あるいは1万通貨からしか取引できない。特に、ミラートレーダーを取引プラットフォームとして採用しているところでは、最低5,000通貨からの取引が条件となっている。


選択型シストレ 1,000以下 5,000 1万(通貨)
シストレ24(インヴァスト証券)    
選べるミラートレーダー(FXプライム)    
ミラートレーダー(アヴァトレード)    
ミラートレーダー(セントラル短資)    
エコトレFX(ひまわり証券)    
シストレI-NET(アイネット証券)    
コピートレード(みんなのシストレ)    
トライオート(インヴァスト証券)    
ちょいトレFX(FXプライム)    
トラリピ(マネースクウェア・ジャパン)    
アルゴトレード365(岡三オンライン)    

 

ミラートレーダーを採用する業者は5,000通貨~

 

 ミラートレーダーでは、現在はすべての業者で最低取引通貨量が5,000通貨(5K)となっている。かつては、ミラートレーダーを取引プラットフォームとして採用していたところでも、1,000通貨での自動売買は可能であった。しかし、ストラテジーの種類の数がより豊富になるにしたがって、2014年の春からは最低条件が5,000通貨からと変更されたため、以後は1,000通貨での少額トレードが不可能になってしまった。

 

 ミラートレーダーを取り扱う会社で、条件が変わってしまったために、選択型システムトレードで少額でのトレードができる業者は、独自のプラットフォームを使用している会社に限られた。その結果として、1,000通貨での自動売買が可能なところはたった3社だけとなったのである。