1000通貨取引のメリット

1000通貨取引ができると何が良いか?

 

①初めての検証が可能

 

 1000通貨取引を行うことによって、万が一の場合に想定される損失の金額は5000通貨や1万通貨での取引の時よりも少なく、損失のリスクを抑えることが可能である。したがって、初めて使う自分の手法やストラテジーを使った売買がどのようなものであるのかを検証することが難しくない。1000通貨取引では「体験」や「お試し」といった感覚で気軽に取引できるのである。

 

 また、1000通貨ということで必要な証拠金の金額も数千円程度と少額である。そのため、投資資金が少ない人でも簡単にFXに参入することができるというメリットがある。また、FX取引自体はある程度経験があるが、FXの自動売買についてはまだ未経験である人にとっても、1000通貨取引は大きなメリットである。自動売買がどのようなものであるのかを把握するために、まずは安全に1000通貨での取引を行うことが好ましいのである。

 

②心理的負担が小さい

 

 少額での取引ということで、期待できる利益は決して大きくはない。しかし、想定される損失の額についても大きくはなく、損失リスクが小さい。そのため、一度相場へのエントリーをした後のリスクへの心理的な負担は小さく、リスクに対する心配をそれほどせずに済む。リスクへの心配が少ないことに加えて、損失が出た時のダメージが小さいということから、ある程度の含み損にも耐えることができる。この含み損に耐えることができるという状態から、FXにおいて利益を伸ばすために必要な合理的な判断を行うことが簡単になり、感情によって判断力が鈍ることを避けることができるのである。

 

③分散投資が簡単

 

 少額投資が可能ということは、もし自分に資金的な余裕が大きい場合、残りの資金を別の投資対象に充てることができる。つまり、自分の投資資金をさまざまな投資対象に分散するという「分散投資」が可能であるのだ。分散投資の目的は、1つの投資対象で1度に受ける損失の額が投資資金全体に対するダメージの影響を抑えることである。この分散投資を行うことによって、想定されるリスクを分散させることができるというわけである。

 

 自動売買では1000通貨の場合、1つの売買ストラテジーで拘束される資金が少ないため、残りの投資資金を別のストラテジーや通貨ペアに回すことができる。これによって、複数の売買ストラテジーを取り込んだポートフォリオ運用を行うことができる。このポートフォリオ運用を行えば、たとえ利用する売買ストラテジーのうちのどれか1つで少なくはない損失を被ったとしても、その損失によるダメージを抑えることができ、できる限りの安定した収益状況を維持することができるのである。

 

自動売買で求められること

 

 自動売買で求められることとは、裁量トレードで求められることと同じように、利益を伸ばすことを目的とした合理的な判断を行うことである。合理的な判断を行うためには、心理的な負担を大きくしてはいけない。

 

 心理的な負担を減らすためには、何よりもリスクを減らすことであろう。リスクを分散し、1つの投資対象で受ける損失のダメージを限定させることや、売買ストラテジーの稼働を止める基準を持って、損失リスクそのものを抑えることである。

 

 そういった心理的な負担を抑えるための条件が1000通貨であるのだ。特に、資金的には恵まれない少額トレーダーにとっては絶対条件であると言っても良いだろう。