何を基準にFX会社を選ぶべきか

トレード・スタイルを考慮する

 

短期売買では…


短期売買とは、スキャルピングやデイトレードと呼ばれる、エントリーからエグジットまでの期間が短かい手法の取引のことである。を短期売買では、スプレッドの小ささが利益のカギとなる。短期であればあるほど、求める利幅は小さい。具体的な数値で言えば、数pips~数十pipsであろう。通常、スプレッド幅も1~6pipsであるため、求める利幅に対してスプレッドが占める割合は大きい。したがって、スプレッドの大きさが取引に大きく影響し、スプレッドの大きさは到底無視できない存在である。

 

長期投資では…


長期投資と言えば、株式投資や外貨預金といったものが対象となるだろう。長期投資では名前の通り、投資対象の金融商品を長めの期間にわたって持ち続けることである。具体的な期間については投資家によってさまざまであり、銘柄の保有期間が数か月の場合もあれば、半年~数年の場合もある。外貨預金または低レバレッジのFXで数か月~数年という長期にわたる投資では、売買差益によって得られるキャピタルゲインのみならず、インカムゲインを追求することも求められる。

 

シストレ・自動売買では…


では、シストレでは何を基準にしたらよいか。この「FX会社選びの考え方」の部門では、何を基準にして業者を選んだらよいのかを議題にする。自分のトレード・スタイルや資本金、知識によって、シストレ業者選びのポイントは異なる。詳細は左の目次を一つ一つ読んでほしい。そして、自分に最も適切な業者を見つけることができることであろうと、私は考える。

 

シストレで「勝つ」ためには

 

シストレで勝つためには、2つの要件を満たさなければならない。

 

 1.良質なシストレ業者を選ぶ。

 2.勝てるストラテジーを選ぶ。

 

このコーナーでは[1番]の、良質なシストレ業者を選ぶ方法を述べていく。口座開設先を選ぶにあたっての根拠となるような事柄はさまざまであり、また、何を基準にするかによって、選ぶべきである口座開設先の業者は異なってくる。このようなことから、総合的には良いといえるような業者は存在するとはいえ、全ての面で最良であるFX会社を1つ選び出すことはできない。

 

だが、自分のトレード・スタイルに最も適するFX会社を選び出すことは可能であろう。この章では、業者を選ぶ際に参考となる基準を書いてみた。基準にする条件は、スプレッドの幅であることもあれば、ストラテジーやツール・コンテンツの豊富さ、あるいはサイトの見やすさ・分かりやすさでもありうる。そんな条件となるようなことを当サイトで並べ、説明することとした。そのような説明を左のメニューえおクリックして、ぜひ目を通して参考にしていただい。そして、自分に適した業者を選び出して、シストレで勝つ条件を整えてほしいと、私は考える。