VPSが「いらない」FXの自動売買が話題に!

世界的に有名で一番名前が広く知られているFXの自動売買ソフトはMT4(メタトレーダー)であろう。システムトレードのみならず、手動の裁量取引だけのFX取引に取り組んだことがある人であれば、この名前を一度は耳にしたことがあるかもしれない。

 

しかし、MT4には1つの大きな欠点がある。それは、自動売買を行うためにはVPSサービスと契約し、自分でEAというプログラムを動かすためのサーバーを外部で契約しなければならないというデメリットである。

 

VPSサーバーを契約するのは有料であり、口座開設しているFX業者では直接取り扱っていないため、各自で申し込まなければならない。

 

追加のコストが発生するだけでなく、申し込みを行なわなければならないといった手間もかかることから、FXの自動売買を始めたい人にとっての参入障壁となっている。

話題のVPS不要ソフト

 

しかし、近年はMT4以外にもFXの自動売買ができるソフトの種類が次々と登場している。MT4と同じようにVPSが必要なソフトも存在するが、最近はVPS不要のシステムトレードも出始めている。

 

中でも有名なのがTradencyというイスラエルのIT会社が作った「ミラートレーダー(Mirror Trader)」というソフトである。このミラートレーダーを取り扱っている日本国内のFX業者は複数ある。

 

例えば、インヴァスト証券(シストレ24という名称)やFXプライム(選べるミラートレーダー)、セントラル短資FX(セントラル・ミラートレーダー)が挙げられる。

 

Tradencyのミラートレーダーはクラウド上でストラテジーが動き続けるようになっているため、自分でVPSのサーバーを用意する必要がないのが一番のメリットである。

 

しかも、ストラテジーも自分で用意する必要がなく、ただ一覧の中から選ぶだけで自動売買ができる。そのため、初心者にとって特に話題のFXの自動売買となっている。

 

他にも、ひまわり証券やアイネット証券、トレイダーズ証券などのFX業者においても、VPSがいらない自動売買ソフトを取り扱っている。これらの会社はいずれも自社開発のシステムを使っている。

 

とはいえ、仕組み的にはミラートレーダーと同じようになっている。クラウド上でストラテジーが動くため、自分でサーバーを準備する手間はない。

 

こちらもまた、FXの自動売買への参入障壁が非常に低く、初心者でも簡単に挑戦できるようになっているため話題のソフトとなっている。

 

VPS不要の自動売買はこれだ!

こちらもFXの自動売買はVPSがいらない