ミラートレーダーのリスク管理の必要性

ミラートレーダーにおけるリスク管理の必要性について説明する。ミラートレーダーという自動売買システムトレードであっても、外国為替相場の性質上、損失や元本割れの可能性(リスク)は絶対に存在する現象であり、そのリスクを避けるのは残念ながら不可能である。

 

そんな中で、ミラートレーダーを用いている投資家ができる行動は、「リスク管理」である。リスク管理を行っうことで、少しでも損失や元本割れのリスクを消すことができる。


「負ける」リスクを下げることによって、ミラートレーダーで利益を伸ばす結果を作り出すことができ、自動売買システムトレードで成功を収めることができるのだ。さからこそ、リスク管理は絶対に必要なのである。

 

ミラートレーダーのリスクは大きい?

 

ミラートレーダーに存在するリスクの大きさとはどの程度のものかというと、裁量取引に存在する損失のリスクと同じ大きさである。相場には「ランダムウォーク」という性質が少なからず存在する。これは、ランダムに相場の根が動く現象であり、どんな人にも今後の相場の値動きを予測することが不可能な現象である。

 

したがって、システムトレードであるミラートレーダーのストラテジーであっても、相場の値動きの予測がまったくつかないことから、どんなものでも「負ける」ことは避けられない。

 

ランダムを予測することは、どんな高度な技術を用いてもできない不可能なことであるため、損失を出す経験は絶対にするのである。別の言い方をすれば、FX取引やミラートレーダーは損失を出すために・負けるために行っている活動なのだ。

 

それほどミラートレーダーは、負ける活動であることから、次にできることは「できるだけ負けない」行動に出ることである。そして、負けないためのリスク管理を行うことによって、ストラテジーと相場の相性が悪い時に大きなダメージとなるくらいの損失を被るのを避けられるのだ。

 

こうして、リスク管理によってミラートレーダーに存在する損失・元本割れの危険地帯に立ち向かい、手を施せられる限りの対策を行うべきなのである。

 

リスク管理の方法

 

ミラートレーダーのリスク管理の方法として、利用者ができる手段は3つだけである。以下はミラートレーダーというシステムトレードで行えるリスク管理の方法であり、誰でも絶対にできる方法であり、同時に絶対にやらなければならない手段でもある。損失や元本割れをできる限り防ぐためには、これら3つだけしかない。

 

リスク管理の方法3通り

  • ストラテジー選びと止める基準を決める方法
  • 取引数量・ポジション数を決める方法
  • 複数ストラテジーを選んでポートフォリオ運用する方法

 

ミラートレーダーで負け組にならず「勝ち組」に入るためには、これら3つのリスクに対する対処法を実践しなければならない。とはいえ、リスク管理は決して難しいことは何もなく、やるべき手段もこれだけしかない。


3つだけしかないことから、誰でもできる簡単な方法であり、リスク管理を行うために必要な訓練や練習などの存在しない。すなわち、ミラートレーダーで成功を収めることはまったく難しいことではないのだ。


利益を伸ばす状況になれない理由は、単にやらなければならない手段を取っていないからだけなのであること、もしミラートレーダーでFXシステムトレードを行うのであれば理解しなければならない。

 

関連記事~今すぐチェック

ミラートレーダーが使えるFX会社

インヴァスト証券「シストレ24」

ミラートレーダーを取引プラットフォームとする自動売買の口座であり、ストラテジーの種類数が豊富。支援ツールをはじめとする機能が満載。

FXプライム「選べるミラートレーダー」

選べるミラートレーダーもまたTradencyの自動売買ツール。支援ツールなどのサービス面とスプレッド幅のバランスが取れた会社として知られている。

セントラル短資FX「セントラルミラートレーダー」

Tradencyのミラートレーダーを採用。スプレッドが小さいのが特徴。ヘッジファンドストラテジーという独特のプログラムも人気。