休むも相場

FX取引や株取引で「休むも相場」を実践するのことが大切であるという事実を聞いたことは、投資活動の経験が長い人であればだれでもあるだろう。


しかし、なぜ「休むも相場」が大切なのかを完全に理解したうえで、完全に実行できている人は一部の成功者くらいであろう。

 

「休むも相場」の第1の目的は優位性を保つことである。そして、どうすれば優位性を保てる戦略を行うのが重要なのか、今回は解説する。

 

いつ休むのか

 

「休むも相場」を行う時とは、自分のトレードに優位性がない時である。優位性がない時とは、トレードを行っても勝てる確率が低い時のことである。つまり、優位性がない時に無理にポジションを持てば、やるだけ負けてしまう可能性が高く、トレードを行うべきではない状態であるのだ。


勝てる確率が低い状況でトレードを行うことは、もはやギャンブルとしか言えないことであろう。勝つ確率も負ける確率もほとんど同じ状態で勝負に出ることがギャンブルでは、たとえ心理的な自信が存在しているとしても、実際にその勝負で勝てる期待値はゼロであり、勝てる根拠もないのである。

 

一方で、勝てる可能性が高い優位性がある状態でトレードを行う場合、そのトレードでの期待値はプラスであり、勝てる可能性は十分に存在するといえる。


期待値がプラスの時だけトレードを行えば、トレードをやればやるほど、得られる利益が大きくなる可能性はそれだけ大きくなる。したがって、ポジションを持つのは、勝てる機会が存在するときのみ行うべきであるのだ。


そして、優位性が存在しない状況では、絶対にポジションを持つべきではないのである。

 

「休むも相場」ができない人

 

できるだけ利益だけを得るために、「休むも相場」を実践することは大切なことではあるのだが、それを実際に守れている人は決して多くはない。


ほとんどの人は、優位性がない状況であってもポジションを無理に持とうとしてしまう。このように、優位性がなくてもトレードを行ってしまう理由の1つとして、優位性がある勝てる機会が出るまで待つことができないことが挙げられる。


優位性が存在するときのみにトレードを行うことは重要な一方で、そうした優位性のある状態がいつ出現するかわからない。それゆえ、優位性のある自分の手法上ではトレードを行うべき時期を表すシグナルが出ていなくても、他にも何か別の手法が存在すると考えてしまうのである。

 

また、利益に対して即効性を求めてしまう点も、「休むも相場」を実行できない理由である。できるだけ早くトレードを行い、できるだけ早く利益を得たいと思ってしまうために、たとえ優位性がない状況であってもポジションを持ち始めてしまうのである。


特に、大きな利益を得ようとしている人ほど、「休むも相場」を疎かにしてしまい、結果的に大きく負けてしまうことになる。大きな利益と早く利益を得ることにに集中してしまうと、実際の数学的な確率に目が届かず、自分の思いのままの行動を取ってしまう傾向にある。


こうして、本当の根拠が存在しない環境であってもポジションを持ってしまうために、「休むも相場」を行うことなく、トレードで大きな損失を出して大敗してしまうのである。

 

したがって、「休むも相場」を適切に行うためには、求める利益に対して即効性を求めず、優位性のある勝てる機会が登場するまで待つという心構えが必要である。そして、優位性がある状態のとき以外は、ポジションを持ってはいけないことを、しっかりと理解していなければならない。