FXは資金管理さえ行えば稼げるのか?

 資金管理は自動売買で利益を稼いて成功を収めるためには、不可欠なリスク管理の方法である。ただ、資金管理を行ったとしても、本当に稼げるのかと心配する人は多く、どれだけの効果があるのかを具体的に断定することも難しいため、なかなか有用性を信用できないのが実情であろう。


負けないための1つの手段

 

 資金管理は利益を稼ぐための1つの手段であって、その目的は自分の資産を大きく下落させることなく、「負けない」ための技術である。システムトレードのための資金をしっかりとマネジメントすれば、自動売買で儲ける可能性は高まる。したがって、資金管理は利益を獲得するために行う方法でもあるのだ。

 

 逆に資金管理を行わなかったらどうなるだろうか。例えば、1つの売買システムに投資元本のすべてを費やした場合、もしその取引で負けてしまったら、自己資金はほとんど吹き飛ばされてしまう。一度大きな資産を失ったら、再びもとの元本をすべて取り戻すことはとても困難になり、資産を増やすことなどはほとんど不可能に近くなってしまう。

 

 投資家自身にとって極めて大切な資産を守ることは、FXトレードを通じて儲けるためには必須の行動である。したがって、大きな損をして負けないために、資金管理は絶対に求められることなのである。

 

絶対法則ではない

 

 ただし、資金管理だけを十分に行ったからといって、儲けを稼ぐことができるという保証はない。絶対に収入を稼げる法則は、残念ながらこの世にはないのである。どんあ取引スタイルを用いたからといえ、ある程度のドローダウンを被ることはやむを得ない。

 

 しかし、資金管理をやらないことには、絶対に収入を伸ばし続けることは不可能である。やらないよりも、やった方がはるかに良い判断なのだ。たとえ資金管理という手段が小さなことであったとしても、収益を得るため可能性を上げることは重要な要素である。稼げる確率を少しでも高めることで、ようやく自動売買で成功を収める道を開くことができるのではないだろうか。