FXで1か月あたり5万円稼ぐ! 何pips取れればよい?

FXで1か月あたり5万円の利益を稼げるようになるためには、1回の取引で何pips取れれば目標を達成することができるのか。安定して毎月収益を積み上げていくことは可能なのか。さらに初心者でも簡単にできる優しい方法というものは存在するのか。

 

ふつうの一般的な人であれば、1か月で5万円の副収入が入ってくれば生活は今よりも余裕が出るだろう。今までは買えなかったものを購入できる予算ができるようになるかもしれない。

 

今回話をするのは専業FXトレーダー向けの内容ではなく、副業としてFXに挑戦している、あるいはこれから始めよと考えているサラリーマンなどに向けた話である。初心者向けのテーマということで、すでに大きく儲けられている上級者にとっては物足りなさを感じてしまうだろう。

1取引100pips!

1か月で5万円の利益を獲得するためには、1回あたりの取引で狙う値幅の目安は100pipsであると私は考えている。元手資金の金額については、だいたい50万~100万円程度であるという前提の話となる。これより少ないとレバレッジに大きく頼るか、取引回数を増やしてデイトレードにするしかない。

 

10万円くらいの小資金で始めるとなると、一度の取引ではよくて千円の利益しか狙えないため、ひと月に5万円の収益を狙うのは難しい。5,000通貨あたりからスタートするのが良いだろう。

 

FXマーケットの世界では不確実性の要素が存在する空間であるため、保証はできない。とはいえ、確率的には1取引で100pipsの値幅を狙ってFX取引に取り組んでいけば、30日ほどの期間で5万円ほどの利益を獲得できるようになる。含み損が発生したことによる損切りの結果があったとしても十分狙える金額ではある。

 

もちろん、時期によって1か月の間での損益結果は違ってくる。ひと月で8万、9万円の利益を手に入れることができる場合もあれば、2,3万円にしかならなかったという場合もある。さらには、マイナス収支になってしまうということもありうる。

 

そうしたリスクが存在する中でも、FXで1か月あたり5万円の利益を稼ぐことは難しい技であるとは言えない。1回の取引で100pips前後を狙い、それを日々繰り返していけば、平均してひと月で5万円前後儲けられるようになれる。

 

コツはあるのか?

 

儲からない状態に陥っている人が必ず調べる内容がFXにおける「コツ」だ。攻略法を知識として手に入れようとし、コツを身に着けることで儲からない不調な結果から脱出しようとする行動に出る。具体的な手法を誰かから仕入れるという作業に入るのは、ほとんどの人に当てはまる内容だ。

 

そんなコツについてであるが、具体的な手法は自分で確立するのが一番いい。方法はいくつも存在し、その数は無限であるといわれている。

 

コツといわれる手法の内容について端的にいえば、新規発注・決済のタイミングとリスク管理のやり方の2つだろう。それを説明した情報を求めているのだろうが、1か月で5万円の利益を稼ぐためにやるべき重要なことはもう1つある。

 

「やり続ける」ということだ。FX取引の回数を重ねていかなければ、いつになっても収益を稼げるようにはならない。永遠に今の状態のままだ。ポジションを持たなければ損失は出ないが利益も出ない。今ある資産の一部を失ってしまうリスクが存在するのは確かだが、そのリスクを容認してFX市場に手を出さなければいつになってももくひょいは達成できない。たからこそ、どんどんFXの取引回数を重ねていくことをおすすめする。