堅実なトレーダーこそ勝者

 常に利益を上げ続けているトレーダーとは、どのような人なのだろうか? どういう人が利益を得ることが可能になっているのか?

このような、相場で利益を上げ続ける人についての疑問を持つ人は多いことであろう。

 

勝ち続けているトレーダー

 

 まず第1に、勝ち続けているトレーダーは常に、「やらなければならないこと」を忠実に守っている。損小利大の基本原則を守り、まともな根拠のない感情に左右されることなく、損失が出た場合には損切りを行っている。利益が出た場合には、相場を張る前に決めた適切な利確のタイミングまで待ち、適切な利益が出たら利益を確定して、収益を得るのである。

 

 また、セルフ・コントロールもしっかりと行っている。自分のトレーディング・ルールをきちんと従い、相場の状況に自分のトレーディング・ルールの内容を照らし合わせ、自分のルールと相場が一致したときのみ注文を出すという行動を起こす。こうした、やるべきことを忠実に行う堅実なトレーダーたちが勝者となり得るのである。

 

無理な賭けに出ない

 

 「賭け」とはギャンブルのことである。ギャンブルとは、勝つ確率も負ける確率も同じ状態であり、プラスのリターンを得る期待値が0である勝負のことを指す。つまり、数学的・統計的に見れば、賭けを行うメリットはまったくない。勝てる理由や根拠が存在すないため、賭けは行わないのが合理的であるのだ。

 

 堅実なトレーダーは、このような非合理的な賭けを行わない。常に利益を上げる人は、期待値がプラスで勝てる可能性が高いものだけに手を出す。期待値がゼロ、あるいはマイナスの場合には、資金を投入せず、プラスの期待値が確保されている時だけ資金を投入するため、実際にプラスの利益を現実化されることができるのである。


 したがって、プラス期待値のものだけに手を出し続ければ、「勝ち続ける」ようになるのである。無謀な「賭け」には一切手を出さない。それが、勝者が必ず守っているルールといえる。

 

どうして勝てるのか?

 

1.規則(ルール)を絶対に守るから


 「損小利大」の原則を守り、自分のトレーディング・ルールに従ったトレードを行っている。合理的な判断と行動を常に行っているために、安定して利益を出している。


 

2.確実性が高い時だけ行動するから


 賭けという、勝てる期待値が存在しないものには絶対に手を出さず、確率的に期待値がプラスのものだけに資金を投入するから、利益を出し続けることが可能なのである。

 

 以上の1、2を堅実に行うからこそ、勝者のトレーダーになれる。1,2を行っている堅実な人こそが、勝ち組になることができるのである。勝ち組に入りたいあなたがやるべきことは、まずは「堅実なトレーダー」になることだ。