FX自動売買のレバレッジの目安は何倍?

FXの自動売買のおけるレバレッジの目安とはだいたい何倍くらいなのか。実際に発注するポジション数と自分の資金力の理想的な関係について、今回はテーマとして取り上げる。

物理的にはMAX25倍だが


FXにて個人で取引する場合、物理的には最大で25倍にすることが可能となる。各業者の口座で拘束される資金量も、実際に取引している時価総額の4%だけとなるため、実質的なレバレッジが25倍になるまでは追加でポジションを持つことができるしくみになっている。

 

しかし、いくら物理的には可能であるからといって、本当に自分の資金力に対してレバレッジが25倍になるように取引に臨むのはリスクが大きすぎる。一瞬にして投資元本を失う危険性もかなり大きい。実質的なレバレッジは低く抑えるべきである。

 

仮にレバレッジを25倍にした場合、もし相場状況が荒れてしまったら、時価がわずか4%でも値が下落したら口座残高は0になる(買い方向の場合)。例として、米ドル/円をレバレッジ25倍で買いの方向で1ドル=100円でエントリーし、その後1ドル=96円に下落したら、あなたの口座残高は空っぽだ。

 

物理的には可能であるレバレッジをかけることは、一瞬にして持ち駒となっている資金を奪ってしまうほど恐ろしい行為である。これは、自動売買であろうと裁量によるものであろうと同じだ。

 

レバレッジ目安は「1ストラテジー当たり2倍」

 

自動売買におけて目安となるレバレッジの大きさは、1つのストラテジーで2倍程度である。すべてのストラテジーを合わせても、5倍ほどに抑えておくのが好ましいと、私は考えている。

 

元手が100万円だとしたら、1取引で保有するポジション数は5,000通貨で、使うストラテジーの数は2~4つとなるのが良い。自動売買ということで、複数のストラテジーを利用することが推奨されるが、それと同時に持てるレバレッジの範囲を考えると、これくらいがちょうどいい。

 

実際の取引では、1つのストラテジーで同時に2,3つの異なるポジションを持つ場合もある。これを仮定しないでも問題はあまりないが、レバレッジは1つのストラテジーで1ポジションだけ持つと考えても2倍程度を上限とするべきだろう。

 

ポートフォリオに組むストラテジーの数は5つ程度までならいくつでも良いが、1つの売買シグナルに過剰な元手を損失のリスクにさらすことがないように管理することが、FXの自動売買でのおすすめの戦略である。

 

リスク対策が第1

 

レバレッジをMAXで25倍までかけることができるのはFXならではのメリットであることは間違いない。そして、自動売買でもまたFX取引を投資対象としていることによってその恩恵を受け取れる。

 

しかし、同時に使い方を間違えれば大きな失敗を起こす原因にもなり得る。時価がたったの4%動いただけですべての持ち駒となっている元手を吹き飛ばす可能性が存在する事実を考えると、レバレッジはなるべく利用しないのが好ましい。

 

そういう点から、FXのレバレッジは「両刃の剣」と呼べる。利益を得ることを唯一の目的としている以上、何よりも一度得た収益や元手となっている資金をできるだけ失わないための戦略であるリスク対策こそを第1に考えなければならない。