ミラートレーダーでストラテジーを検証する2つの方法とは何か?

 ミラートレーダーにおいて、ストラテジーを選ぶにあたって、それを検証することは絶対に必要である。たとえ使い方は理解できたとしても、ストラテジーの何を検証すればよいのか、どういう点から本来の実力を把握すればよいのかがわからないことはよくある。だが、検証するべき点は2つだけである。

 

 検証というと、何年にもわたって各ストラテジーの運用状況をチェックすることが必要になるといった、とても大変な作業のことをイメージする人もいるだろう。しかし、ミラートレーダーで好ましいやり方としては簡単にできる内容のものであり、決して大変で「面倒くさい」作業ではない。

 

 初心者であっても、今すぐに実践に移せるほど単純で容易な過程であり、誰にでもできる内容であることは確かだ。しかし、それと同時に、稼働し始める前には絶対にやっておきたい検証内容であることも確かである。

 

何を検証するのか

 

  1. ストラテジーの運用成績
  2. ストラテジーの性質・特徴

 

 ミラートレーダーで検証する方法とは、上の2つの内容を知ることであり、これからそれらの具体的な手段についてを述べていく。

 

 大切なのは、ミラートレーダーの各ストラテジーが過去の運用実績でたたき出したデータを読み取ることであり、今までに積み上げてきた成績をチェックする過程で、今後の期待値を大まかに把握できる。

 

 したがって、実際にポジションを取って取引し始める前に、まずはこれから選ぼうとしているシステムの今までの運用成績と具体的な売買性質と特徴を確認することが望ましいのである。

 

1.運用成績を確認する

運用成績を確認するのが必須
損益グラフの例

 ミラートレーダーのストラテジー選択の際の検証方法の1つ目が、ストラテジーの運用成績を確認する方法である。運用成績から検証するべき項目は4つある。

 

損益状況…損益状況がプラスであることが条件である。マイナスであれば、そのストラテジーは損失を多く出し、負けていることを示す。

 

ドローダウン…資産が最大のときから最小になったときの損失の大きながどれくらいの幅なのかを示す数値。数値が大きければ、それだけ損失のダメージは大きい。

 

リスク・リターンの比率…一度の取引で得られる利益、失う損失の大きさを把握するために確認するべき数値。できれば損小利大のものが好ましい。

 

損益曲線の向き…損益グラフから曲線の向きを読み取る。概ね一貫して右肩上がりの曲線を描いているストラテジーが、選ぶのに最適なものである。

 

 運用成績の確認は、ミラートレーダーのストラテジーが実際に稼働した後に利益を出すのかどうかを予測するために行う。もちろん、未来の予測が何度かはずれることは避けられないが、検証して選ぶのと、検証しないで選ぶのとでは、長期的な視点で見た運用成績の結果は大きく違ってくる。

 

2.性質と特徴を把握する

ミラートレーダーのストラテジーの成績を確認する

 ミラートレーダーのストラテジーの性質や特徴を確認すること目的は、実際にストラテジーがどういうタイミングや頻度で売買を行い、一度の取引でどれくらいの利益または損失を出すのかを把握することである。

 

 各ストラテジーの性質や特徴によって、取るべきポジション数やストラテジーを稼働し始めた後の運用成績を確認する頻度は違ってくる。あまり取引する頻度が小さいものであれば、それほど頻繁に確認する必要はないが、高頻度で売買を繰り返す場合には、こまめにチェックすることが求められる。

 

 大きなポジションを取って、一度の取引で大きな損失を出してしまっては、資産運用を通じて利益を得ることは難しくなってしまい、ミラートレーダーというFXの自動売買を行っている意味がなくなってしまう。

 

 ミラートレーダーで多額の資金を吹き飛ばすことがないようにするためのリスクコントロールの面から、ストラテジーの性質と特徴を把握することは必須なのだ。

 

 ストラテジーの性質・特徴を確認するために見る項目は、運用成績を確認するときに使う材料と同じであるが、資料となるのは、1回あたりの取引でのデータである。これには、取引1回あたりの平均利益・損失や、期間内の最大利益・損失などの指標が当てはまる。

 

 利益と損失の大きさの差や、平常時と最大時の損益額の大きさの違いなどから、ストラテジーの特徴や性質を読み取るのが、このステップで行うべきことである。運用成績を確認するのと合わせて、ミラートレーダーのストラテジーの検証をしてほしい。

 

 「○○pips」として表される損益状況や、検証期間内で発生した最大のドローダウンの大きさ、リスクリターン率、損益グラフの曲線の形などの、運用成績を確認する過程と同時に、平均利益・平均損失や最大利益・最大損失といった項目をチェックするのが好ましい。

 

 各システムの性質を表すデータを把握することが、ストラテジーを検証するためには必要な作業である。

 

結論~まとめ

 

 ミラートレーダーで利益率が良いストラテジーに出会うためには、第1に、今までの運用成績を確認するのが求められる。過去にどのように利益または損失を出してきて、どれくらいの実力が存在したのかを知るためには、運用成績というデータを用いる。

 

 第2に、システムの性質や特徴という詳細を知ることが求められる。今までの取引において、利益が出た時にはどれくらいの大きさになり、損失決済になったときにはいくらぐらいの金額を失うことになったのかを把握する過程から、実際の詳細の情報を得ることができる。

 

 こうしたミラートレーダーのストラテジーを検証する過程を踏んでこそ、より実力の高い武器を手に入れることにつながり、ミラートレーダーで利益を伸ばす環境を整えることができる。


関連記事~今すぐチェック

システムトレードで勝てる実践手法とは?
「選択型システレ」でどうすれば収益を儲けられるのか。
ミラートレーダーで勝つ方法
ミラートレーダーで稼げるようになる考え方や心構えについて。
ミラートレーダー業者BEST5の比較
Tradency開発のミラートレーダーが利用できる会社5社を紹介する。
ミラートレーダーで失敗する3つの理由!
ミラートレーダーで失敗する原因を解説する。