ミラートレーダーでリスクは回避できるのか

 ミラートレーダーに初めて挑戦する人にとって、それを始める理由といえば、「負ける」というリスクを回避したいからという点が挙げられるだろう。今回は、そんなシステムトレードにおいてリスクを回避することはできるのかどうかを考えていく。


 ミラートレーダーを始める理由としては個人によってさまざまであろう。しかし、どんな人にも共通する目的といえば、収益を儲けることである。ミラートレーダーを始めることで、手動売買ではきちんと実行することが難しいとされるリスク管理が行いやすいシステムになっているため、より収益を稼ぎやすくなるのだ。


 楽して稼ぐことは無理だとしても、リスクをコントロールすることは可能である。大きく損する危険性を下げるために、FX取引で成功の実績を収めたいと思っている人大河ミラートレーダーに挑戦するのである。


リスクは避けられるのか?

 

 ミラートレーダーでリスクは、少なくとも手動売買の場合よりは避けることができる。売買の判断を下すのはストラテジーと呼ばれるコンピュータープログラムであるため、エントリーはもちろん、利食いや損切りの決済注文を発注するのもストラテジーの仕事である。したがって、人間が注文を出すかどうかを決めるわけではないため、決済注文を先送りすることによって増大するリスクを回避することができるのだ。

 

 このようなことから、ミラートレーダーではストラテジーに沿った売買戦略が実行される仕組みになっていることで、理想的なリスク管理が実行されるのである。求められているリスク管理さえしっかりと実践されれば、損する危険性を最小限に抑えることができる。

 

 手動売買では、特に損切り注文を先送りする例が余計にリスクを増やす原因となるが、ミラートレーダーではそのような例が出ない。したがって、ミラートレーダーというシステムトレードを利用することによって、裁量トレードの手動による取引よりもリスクを避けることは可能なのである。

 

それでもリスクは存在する

 

 ただし、ミラートレーダーにおいても元本割れや損失のリスクがないわけではない。少なからず、手動売買と同じように口座残高が下落する可能性はゼロではないのだ。必ずといっていいほど、誰もが損失を経験する場合に遭う。また、その経験をするのがいるになるのかや、その規模がどれほそのものになるかは誰にもわからない。

 

 ミラートレーダーに挑戦することによって、自分の行動上の原因でリスクを増大させる場合については避けることができるのは確かである。つまり、必要以上にリスクを取らずに済む。しかし、あくまでもミラートレーダーは余計な危険を冒さないための手段でしかない。相場の価格の変動による損失を避けるためのツールでは決してない。したがって、完全に100%リスクを回避することは不可能である。

 

 よって、もしあなたもミラートレーダーに挑戦するのであれば、十分に負ける可能性を視野に入れたうえで挑まなければならない。最低限以上に安全性を手に入れることは不確実性が含まれる投資の世界では無理な話であるため、リスクを正しく理解して、さらに、「負けた時にはどうするのか」や「どうすれば負けてもダメージを抑えることができるのか」といったことを考えておくことが重要である。