ミラートレーダーの初心者と上級者の違い

 ミラートレーダーにおいて、初心者とはまだ自動売買を始めたばかりの人を指すことは言うまでもない。自動売買に限らず、FX取引を始めて間もない人であることも多い。このグループの人にあてはまる場合が多い特徴としては、上手く利益を上げられていない点が挙げられる。


 ミラートレーダーで利益を稼ぐことを前提に始めることは、ほとんどの人に当てはまることではあろう。しかし、実際にミラートレーダーでストラテジーを稼働し始めても、口座開設する前に思っていたようには上手く収益を儲けられていない例がきわめて多く、むしろ、事前の計画通りに稼げている人は稀である。


 一方で、ミラートレーダーの上級者の場合は、初心者とは違って、上手く利益を安定的に上げることができている人が多い。そもそも、ミラートレーダーで損してばかりの人は短期間で退場する羽目になってしまうため、生き残るのは上手く収益を稼ぐことができた人に限られ、そんな人が上級者となるのだ。


ミラートレーダーの初心者の過ち

 

 ミラートレーダーの初心者の場合、どうしてもある瞬間における感情や気分いよって、ストラテジーを選んだり、すでに稼働している場合には他のものと入れ替えてしまう行動に出る。ミラートレーダーで自動売買を行うにあたってのトレーディングルールを事前に定めておく人は、始めたばかりの人では少ない。

 

 たとえば、ストラテジーAではわずか100pipsのドローダウンしか出ていない状態でh化のものと交換する一方で、ストラテジーBではドローダウンが500pips発生したときに別のロジックのものと入れ替える場合があるとする。この場合、この人はまったく固定化したやり方を持っていない。

 

 トレーディングルールという固定化した手法をつくらずにミラートレーダーに望んでしまうのが、初心者ならではの特徴である。もちろん、これは「過ち」であり、絶対にお勧めできるようなやり方ではない。

 

 毎回毎回違ったやり方でミラートレーダーに取り組んでしまうために、十分に勝てるような方法を使ってミラートレーダーでFXトレードを行うことができずに、多くの初心者がいつになってもまとまった収益を上げられずに、いずれは元本資金が底をついて退場することを余儀なくされるようになってしまうのである。

 

上級者はなぜ勝てるのか?

 

 一方で、上級者の場合は、こうしたやり方とは180度異なる。上級者は、完全に固定化した手法に沿ってストラテジーを選び、ルール通りの基準の損益状況になった場合だけに入れ替えを行う。トレーディングルールについては、ポジションを保有する前に定めておき、ポジションを取った後に変更することはない。

 

 固定ルールを事前に決めているために、ミラートレーダーを始めてから、ある瞬間の感情や気分などを根拠に何かを操作することは絶対に行わない。また、同じ手法を毎回の自動売買で繰り返し使うために、自分の手法に利益を上げるような実力があるのかどうかがわかるようになる。そして、それを把握することができた時点で、手法ルールを見直し、改良を加えることで、さらに収益性の高いやり方を確立することができるのである。

 

 こうして、ミラートレーダーの上級者は、自分の実力を磨きあげていき、後に退場することになるような初心者と違って、長く稼ぐことできるのである。上級者は運が良くて勝てているわけではない。勝てる実力を持っているからこそ、ミラートレーダーで稼げているのである。