ストラテジー数の比較

 ミラートレーダーにはさまざまなストラテジーの種類が存在する、その中で、どこの業者が一番ストラテジーの数が多いのかを比較する。取引プラットフォームはTRADENCYのものであっても、実際に取り扱っている総数はFX会社によって異なる場合がある。


一番はインヴァスト証券のシストレ24

 

 ストラテジーが一番多い会社はインヴァスト証券の「シストレ24」である。その種類の数は約1500種類にも上る。シストレ24では、ミラートレーダーの開発会社であるTRADENCYから供給されているものに加えて、国内のストラテジー・プロバイダーからも数多くの種類を取り入れているため、他のミラートレーダーの業者よりも種類が多い結果となっている。

 

 FXプライムや「シストレ.com」のPLANEX・TRADE、セントラル短資FX、アヴァトレードのミラートレーダーでは、ストラテジーの種類の総数は約300~500種類である。実際には、既存のストラテジーが廃止になったり、新たに追加されたりするなど、入れ替えが頻繁に行われていることから、総数の具体的な数値については変動する。しかし、インヴァスト証券のシストレ24は、他者よりも圧倒的に利用可能なストラテジーが多いのが特徴である。

 

 シストレ24にストラテジーを供給している国内の業者とは、「テラス」、「ココジャン」、「オスピス」である。テラスやココジャンという会社は、MT4の自動売買用の売買プログラムであるEAについても取り扱っているところである。したがって、シストレ24ではそのようなMT4で使えるようなプログラムをミラートレーダーでも利用できるというメリットがある。

 

大半のミラートレーダーの業者は300種類ほど

 

 他のミラートレーダーの業者については、概ねTRADENCYのストラテジーだけを取り扱っている。もちろん、利用できる種類の数が多いからといって、どれも利益を稼ぐものばかりというわけではない。実際に利益を伸ばし続けるような「勝てる」ストラテジーは、一部の売買プログラムに限られてしまうのは避けられない。しかし、選べる対象が多いことによって、より幅広い選択肢が増え、その分収益を得る機会が多くなる。よって、ストラテジーの種類が多い業者を選ぶメリットは大きいのではないだろうか。