自動的に損切りされる? みんなのシストレのストラテジー

FXの自動売買が使える「みんなのシストレ」において、すべてのストラテジーは自動的に損切りを目的として決済注文が出される仕組みになっている。

 

初めて口座開設してシステムトレードを使う場合、どうしてもプログラムの機能に含み損が出た時に自動で損切りを行うための決済が行われる仕組みになっているのかどうかが心配になるだろう。

 

実際、評価損(含み損)を決済させない仕組みになっているFXの自動売買ツールやストラテジーを提供しているネット証券会社も存在する。

 

たとえば、「トラリピ」や「ループイフダン」、「iサイクル注文」などの、コツコツと一定の値幅ごとにIFD-OCO注文による売買を繰り返していく種類の取引の場合、損失が出た時には自動では決済されない。

 

そうした特徴も戦略の1つであるという意見も決して少数派ではないとはいえ、リスク管理を重視することを考えると、あまり積極的に受け入れられるような制度ではないだろう。

 

FX自動売買を使う以上は、多少は放置しても大丈夫なように、損切り決済が行われるストラテジーやソフトを使うのが好ましい。特に、初心者では「損小利大」という投資の大原則を学ぶためにも、そうしたものを使うのがおすすめである。

すべてのストラテジーが対象

みんなのシストレのストラテジーは損切りする

みんなのシストレの場合、すべてのストラテジーには損切りが自動で行われるようにプログラム化されている。

 

シグナルで設定されているほどの含み損が発生すると、自動的に勝手に決済注文が出されて、損失の金額が確定される。そのような取引では収益が全く出ずに、損するだけの結果になるのは事実であるが、リスクを最小限に抑えるという戦略の面では問題はない。

 

むしろ、大損を事前に防ぐことができたということから、次回の取引で資産を回復させて、さらにはプラスの利益を獲得できるほどの余力を残せたと考えると、成果は大きいものだ。

 

こうした点から、リスクを事前にコントロールされる仕組みになっているのがトレイダーズ証券のFX自動売買「みんなのシストレ」であり、これからシステムトレードに挑戦しようと考えている人には大変おすすめなソフトであることは間違いない。

 

放置するのはダメ!

 

ただし、含み損が自動的に決済される仕組みにストラテジーがなっているからといっても、「ほったらかし」にして放置するといった使い方は大きな問題であり、絶対にやってはいけない。

 

いくら評価損が勝手にポジションを手放すような制度が確立されているからと言って、ストラテジーが連敗をしないとは限らない。

 

外国為替市場の値動きの仕方によっては、ストラテジーがマイナス決済を連発させて、連敗によってどんどん損失が大きくなっていく可能性も否定できない。実際、そうした場面を経験している人も存在する。

 

ドローダウンを更新していくような負けるストラテジーを放置するのでなく、一旦稼働を停止させて、新たにプログラムを選び直すことが最も適切なやり方であると、あなたも思うだろう。

 

ほったらかしにしてはいけず、あくまでも定期的にポートフォリオ管理を実践して、リスク管理を行うことこそが重要な行動であるのが、みんなのシストレをはじめとするFXの自動売買であるのは確かな事実だ。

みんなのシストレ

 

運営:トレイダーズ証券

種類:選択型シストレ(選ぶタイプ)、MT4も利用可能

サービス開始:2014年5月

 

≫口座開設はこちら

 

(約5分で完了) 


関連記事~今すぐチェック

みんなのシストレの評価&レビュー!
みんなのシストレにおいて、利用者の評価はどうなっているのだろうか。どんな点が良く、何が不足しているのか。レビューも合わせて説明する。
みんなのシストレの口座開設の流れとかかる日数!!
口座開設を行うためには、何を行うのが必要となるのか。また、審査の基準とそれにかかる期間は何日なのか。
みんなのシストレとは、どんな仕組みか?
みんなのシストレの評判について。どんな仕組みになっていて、他の業者のFX自動売買との違いは何か。
【みんなのシストレ】初心者でも月10万円稼ぐコツ!
初心者であっても安定的に1か月あたり10万円という金額を稼ぎ続けるためのコツとは何か。