エコトレFX、大損して破産することはある?

ひまわり証券【ひまわりFX】

ひまわり証券のエコトレFXにおいて、大損して破産またはそれに近い状態になる可能性はゼロではない。外国為替証拠金取引であることから、どんな不幸が訪ねてくるかは誰にも予想はできない。

 

多額の損失が出る可能性が否定ができないほどリスクの高い投資手段であることは決して否定できない。レバレッジをかければ、かけるだけ危険度は増し、現物株式投資のように完全な自己資金による金融取引よりもリスクが大きくなる、

 

ただ、従来の手動による裁量のFXと比べると、大損して破産するような結果にはなりにくい。完全な自動取引ということから、無駄にリスクが拡大することは少ないのは事実である。

破産するのはゼロではない!

とはいえ、実際に損している人は一定の割合で存在する、しかも、エコトレFXの場合は最低1万通貨からの取引というのが条件になっていることもあって、レバレッジを大きくするのが原因となって大損する例がある。

 

レバレッジを噴くく抑えるためには、100万円程度の元手が必要になる。元本が少ない人にとっては、レバレッジに頼ったFX取引となるため、大損ずる可能性は高まる。

 

なお、リスク自体の大きさは各ストラテジーの種類・通貨ペアによって異なる。まず、損切りの基準が違ってくる。一度に大きな含み損を許容するものであれば、大きな損失を被る可能性は高まる。

 

通貨ペアの違いでも、値動きの激しさ(ボラティリティ)が異なり、マイナー通貨となれば、米ドルのような値動きが緩やかな組み合わせよりも為替変動による損失のリスクが大きくなる。

 

多少の損失であれば、まだそれほど重大な問題とはならないかもしれない。しかし、破産に近い状態となればかなり重体だ。しかも、これが現実のものとなる人がゼロではないのが残念なところであろう。

 

エコトレFX自体が自動売買で比較的安全であるといわれても、慢心が禁物である。ストラテジーの選び方をはじめ、ストラテジーを止める基準、資金管理の具体的な方法を事前に決めておき、それらを実践することがとても重要だ。

 

利益が必ずしも保障はされていないエコトレFXに取り組みにあたっては必要不可欠な心構えであるのは言うまでもない。

 

エコトレFXとは?

エコトレFXとは、ひまわり証券の自動売買口座の名称である。独自に自社で開発したソフトであり、日本国内で作られたストラテジーが多い。