エコトレFX、最低でも必要資金は100万円!?

FXの自動売買において、最低資金としていくらくらいの元手が必要になるのかという疑問を持ち、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索する人が多い。ひまわり証券の「エコトレFX」もまた例外ではない。

 

ただし、エコトレFXの場合は、他のオンライン証券やFX業者と比べて、求められる必要資金の下限は高い。その理由は、最低取引通貨量にある。

 

ひまわり証券においては、最低でも1万通貨からという条件になっている。他の会社では、1,000通貨からできるところもあり、ミラートレーダーを取引プラットフォームとしている会社でも5,000通貨から取引できるようになっている。

 

これに比べると、最低10,000通貨という少し厳しい条件となっているエコトレFXの利用者にとっては、資金力に余裕がある人でないと参加できないといえる。

100万円は必要!

 

1万通貨というと、たとえば米ドル/日本円(USD/JPY)で1ドル=100円のレートであった場合、必要資金はレバレッジ1倍で1,000,000円(100万円)である。

 

FXの自動売買であるため、レバレッジをかけて証拠金に頼った取引を行うこともできるのは確かだ。しかし、リスクを抑えることが投資の世界では重要であることを考慮すると、あまりレバレッジに頼って自己資本を超えたFX取引は避けたい。

 

また、エコトレFXではストラテジーを複数同時稼働させて、ポートフォリオでの運用を行うことが望ましい。複数のストラテジーを運用するとなると、同時に2,3万通貨分の取引を行うことになる。

 

複数のストラテジーを使うことに加えて、リスク管理の一環としてレバレッジを低めに抑えることを考えると、必要となる資金は最低でも100万円くらいは求められる。

 

元手が数十万円しか場合は?

 

もし、家計上の理由などから、FXの自動売買に費やせる元手の金額が数十万円くらいしかないのであれば、ひまわり証券の「エコトレFX」に取り組むのは避けることが好ましい。

 

1万通貨という条件について、数十万円の資金力で参加するのは危険といえる。したがって、少ない資金力でもFX取引ができる1,000、5,000通貨での取引ができる自動売買を取り扱っているFX業者を使うのが好ましい。

 

使えるストラテジーの種類はエコトレFXとの異なるとはいえ、1つのストラテジーあたりに費やす金額の最低ラインが低いことを考えると、やはり安全策を重視するのが良い。

 

よって、100万円以上の資本金が用意できない事情を持っているのであれば、エコトレFXではなく、取引要綱にて最低取引数量が「1,000通貨」あるいは「5,000通貨」となっている会社にて口座を開くのがよい。

エコトレFXとは?

 

運営会社:ひまわり証券

種類:選択型シストレ(サーバー型かんたんシステムトレード自動売買ツール)

サービス開始:2010年4月

 

≫口座開設はこちら

 

※約5分で完了

ひまわり証券【エコトレFX】