トライオートFXのリスク管理の4つの方法!

 トライオートFXで大きく資金を失う可能性や破産のリスクを少なくする手段とは何か。今回は、リスク管理の方法として、どうすれば損失を必要以上に増やす事態に合わずに済むのかを解説する。


リスク管理の内容

  • 資金の分散
  • テクニカルの分散
  • 感情をコントロールする
  • 設定をルール化

 

1.資金の分散

 

 まず最初に紹介するのは、資金を分散させる方法である。1つの取引や売買シグナルに、投資資金を集中させてしまうと、1つの対象に絞ってリスクを賭けることになってしまう。なので、リスクを集中させないために、ポジションや資金をいくつかの投資機会に分けることが重要である。

 

 また、なるべく自己資金で取引することを心がけることも大切である。過剰なレバレッジに頼ったうえでトライオートFXで取引してしまうと、予想以上に損失を被る確率を拡大させることにつがなる。したがって、資金を分散させることはもちろん、自己資金の範囲内でポジションを持てるような余裕を持つことが、リスク管理の1つの方法である。

 

2.テクニカルの分散

 

 リスク管理の方法として挙げられる2つ目は、異なるテクニカル戦略を用いて複数のポジションを持つことである。資金を1つに集中させないのと同じように、戦略的なロジックも1つに絞らずに、複数の戦略にリスクを分散させることが求められる。

 

 より具体的に言えば、売買の特徴や性質が異なるようにするのが、戦略を立てる際にやるべきことである。たとえば、1つのテクニカル設定で少しずつ利益を上げるようなシステムに指定した場合、別のロジックをつくる時には、一度に大きなリターンを狙うようなものにするこが好ましい。

 

3.感情をコントロールする

 

 3つ目のリスク管理の方法としては、トレーダー自身の感情をコントロールして抑制することである。どんな取引結果が発生したとしても、感情的になるのは非合理的である。多少の利益や損失に感情に反応することは、感情をコントロールできていない状況であると言え、そういった結果を意識しないことが大切である。

 

 重要なことは、合理的な心構えでトライオートFXに挑戦することであり、冷静に取引すつことが求められる。少しの利益や損失は、資産運用の目的から考えればとても取るに足らないレベルのものである。そういったことに意識を向けるのではなく、適切なリスク管理を行うことに集中することが望まれるのだ。

 

4.設定をルール化

 

 トライオートFXにおけるリスク管理の方法の4つ目は、トライオートFXで戦略ロジックを組み立てる際の手法をルール化することである。ロジックを設定する前に何も考えずに、いきなり戦略を設定するのは、決して好ましくはない。いい加減にテクニカル指標や利食い・損切りの基準を設定しないことが、どんなユーザーにも求められることである。

 

 いい加減に何も考えずに指標や数値を指定することは、もはやランダムに取引する手法とほとんど変わりはない。もちろん、ランダムに取引することは、勝てる確率が50%になってしまうことを意味する。そうした考え方でトライオートに挑んでも、収益力は下がるだけで上がりはしない。そして、勝てる可能性が下がった分は「リスク」となってしまう。したがって、トレーディングルールを構築して、トライオートFXでの何かを設定するする際のルール化した手法に沿って行動することが、リスク管理として重要な方法の1つである。