トライオートFXで戦略を検証する方法

 トライオートFXで勝てる戦略(仕掛け)を作る方法として、まずはさまざまな売買システムをの案を検証しなければならない。具体的に言うと、勝てそうだと自分が考えるようなロジックを組み立て、それを今までの過去の相場と照らし合わせるバックテストを行わなければならない。


バックテストして検証する

 

 トライオートFXの場合、自分が考えた戦略ロジックは「仕掛けシミュレーター」というツールを使って、項目から選んで利食いや損切りの基準を指定して完成したものを、過去の相場の値動きに照らし合わせて検証することができる。

 

 もしロジックを検証して、上手く利益を上げているのであれば、実際にそれを稼働させることで収益を稼げる可能性は高い。一方で、もし損失が多く出るような結果がバックテストで現れたのであれば、戦略を見直して改良したり、作り直したるすることが求められる。

 

 トライオートFXに限らず、どんなシステムトレードでも、自分がこれから稼働し始めようとしているストラテジーについては、必ずバックテストを行って、過去の相場との相性を確認する必要がある。それによって得られる結果で、利益が出ているのなら採用し、損失が出ているならば見送ることが1番の判断だ。


 また、バックテストで検証した時に、複数のロジックで好成績を出している場合には、最も好調なものを選ぶのが好ましい。FXトレードの世界ではでは、できる限り最良のストラテジーを取り入れることが収益を稼ぐカギとなる。

 

 特にトライオートFXでは、売買システムは自分の判断で組み立てる仕組みになっているため、検証を正しく行わないと、負けるストラテジーを作り出して離党することになってしまう。

 

検証も確実ではない

 

 しかし、バックテストをもとに、案となっている戦略ロジックで素晴らしい実績をたたき出したものを作り出したとしても、今後の相場にの絶対に対応できるかどうかは不透明である。場合によっては、ドローダウン期に突入して、損失が増えるようになる確率もある。

 

 したがって、トライオートFXで好調なストラテジーを組み立てたとしても、そこで実現した結果はあくまでも過去のものであるのだ。すなわち、勝てる保証が存在するわけでもなく、負ける結果が回避できる法則もない。


 よって、トライオートFXで勝てる売買システムを発見しても、負けるリスクを考えて、ストラテジーを稼働し始めたらリスク管理に徹する行動を実践することが重要なのである。

 

検証期間は長期統計を重視

 

 トライオートFXにおいて、バックテストを行う場合、検証する対象期間はできるだけ長期的なものが好ましい。短期的な期間だけで検証してしまうと、どうしても相場の一時的な傾向に大きく左右されたデータとなってしまう。

 

 短期的な統計だけを重視して検証すれば、AP注文の各仕掛けの本当の収益力を理解できないまま、稼働するかしないかを判断することにつながる。仮に、短期的に良い成績が出たとしても、それが長い期間に渡って続くのかは読み取れない。

 

 したがって、トライオートにおいて、AP注文の仕掛けを検証する際には、長期的な統計を使ってバックテストを行うことを住するのが最善の策である。長い視点で検証した上で自動売買に臨む戦略こそ、稼げる確率を高められることは間違いない。

 

トライオートFXとは?


運営会社:インヴァスト証券株式会社 

種類:半自動売買、選択型シストレ、カスタマイズ可

サービス開始:2014年3月

 

 

≫口座開設はこちら