【トラリピ日経225証拠金取引】必要資金は最低でいくら?

ついてに始まったのが日経225証拠金取引の自動売買「トラリピ」である。M2J(マネースクウェア・ジャパン)という証券会社が取り扱っている商品サービスであるが、これまでもFXの方では供給されてきた。

 

コツコツとこまめに利食いしていきながら利益を積み上げていくという取引スタイルが最大の特徴である。仕組みとしては、ただ指定された一定の値幅ごとに売買を繰り返すだけであるが、このシンプルさが人気のポイントになっている。

 

FXの方に関しては、最低1,000通貨から取引できるようになっているため、物理的には数千円、金銭的に余裕を持っても5万円もあれば十分であるといわれている。

 

トラリピのように一定の値幅ごとに利益を積み上げていくリピート系の自動売買においては、どこも1,000通貨からできるところが多い。競合他社と同じように、トラリピのFXの口座では少ない元手しかない人にも対応しているのは確かな事実だろう。

余裕なら100万円はほしい!

「トラリピ」を取り扱っている証券会社であるマネースクウェア・ジャパン(M2J)においては、日経225証拠金取引のレバレッジは20倍となっている。最低取引単位は1枚(株価指数×100円)となっていることから、最低金額は9万円前後ということになる。

 

証拠金制度であるレバレッジを利用することによって本来は100~200万円ほどの取引総額となる場合でも10万円以下で投資できることになっている。この点でFXと変わる点はない。

 

ただ、リスク管理の観点から考えると10万円程度の元手資金では足りない。実際には少なからず評価損が出ることが予想される。また、「トラリピ」を使う際には特に同時に複数のポジションを保有する場合もあり得る。

 

損失が発生する可能性や複数のポジションを同時保有することを視野に入れると、レバレッジに過剰に頼った資産運用を行うのは避けたい。

 

できるだけ自己資金の範囲内でトラリピの日経225証拠金取引に取り組むのが理想である。そして、この理想的な最低資金の金額は100万円が目安である。これくらいの余裕があれば、リスクも余裕で許容できるだろう。

 

主婦や学生はどうする?

 

では、余裕資金が少ない傾向にある主婦や学生についてはどうすればよいだろうか。

 

残念ながら、もし金銭的に厳しい状態にあるのであれば、トラリピの日経225CFDに取り組むのは避けるべきである。ハイリスクな取引になることを考えると、決しておすすめできる商品ではない。

 

トラリピのFXの方であれば、1,000通貨という少さな資金力であっても気軽に挑戦できる。主婦や学生のような低所得者層にとってはメリットであることは間違いない。

 

よって、もし余裕資金の金額は数十万円が限度となっているのであれば、日経225証拠金取引ではなく、為替取引であるFXの方の自動売買にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

口座開設について

 

審査期間:概ね1週間程度

申込方法:インターネット

印鑑:不要

 

≫口座開設はこちら